2006年3月アーカイブ

タクシー業に携わって18年、母となって10年。2つの立場で頑張る中で、何とかこの2つを結びつけられないものかと考えました。
諫早市内10業者が加盟する諫早市タクシー協会に子育て家庭の送迎をお手伝いするサービスを提案したのは平成17年の暮れの事でした。タクシー業界は男性の方が多く、当初は???という感じだったのですが、育児中である私のお話に理解を示してくださり「やってみよう」ということになりました。
子育て支援関係のタクシー業界の動きをネットで検索したところ、香川県高松市で2年前から取り組まれている業者があるとわかり、2月には高松市の花園タクシーさんへお話を伺いに行きました。1日10数件、1ヶ月300件近くの依頼があり、お母さん方に大変好評を頂いてるとのお話でした。ただ、40万人都市の高松市で2事業者の特化したサービスなのに300件という数字は、決して利益につながる仕事ではありません。ましてや諫早市の全タクシー業者でやるとなると、手間はかかるが利益にはつながらないという事はわかっていました。
でも、利用者の方の事を考えると、「諫早市のどこへ行ってもこのサービスが受けられる」、「街中に子育てに理解のあるタクシードライバーが走っている」という安心感を優先させたかったのです。
10万人規模の諫早の町だから、地域に密着した「子育てタクシー」を全業者で発進させたい!。その思いはますます強くなり、着々と準備を進めていきました。

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2006年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ