2006年10月アーカイブ

下記の日程で「地域の子育て支援を考えるシンポジウム〜緊急時のサポートネットワークを支える力が必要です〜」が開催されます。

(案内チラシより)
「子どもが病気になったらどうしよう・・・」「急な残業や出張は無理だわ・・・」
子どもを抱える女性たちが働き続けられない理由は様々です。
育児をしながら働き続ける上で、子どもの存在が大きな問題になっているという調査結果も出ています。そうした状況を改善するため、厚生労働省が平成17年度から「緊急サポートネットワーク事業」を全国で展開しています。
同事業では、地域の力を活用するネットワークが要となります。子どもを育てながら働く人を支えながら、子どもたちの育つ環境をも豊かにしていくには、子育てに関わる各機関の理解と協力、そしてあたたかい心で支える人が不可欠です。
地域の子育てに関心のある方、子育てを応援している方、したい方、ぜひご参加下さい。

期 日:平成18年10月28日(土)  午後2時〜午後4時30分(開場午後1時)
会 場:長崎ウエスレヤン大学 西山ホール
参加料:無料

【パネリスト】
金子壽重子さん(雲仙保育園 園長)
入江詩子さん(長崎ウエスレヤン大学地域づくり学科 講師)
池本よ志子さん(株式会社ディア・フォロン)

【情報提供】
「ファミリーサポートセンターについて」
「子育てタクシー事業を開始して」
「緊急サポートネットワーク事業について」など

どなたでもご参加できます。お申込は電話かFAXで!
TEL0957−21−9062   FAX0956−42−4643

☆お問合せ先☆
(厚生労働省 緊急サポートネットワーク事業 長崎県連絡先)
社会福祉法人長崎ボランティア協会 ファミリーサポートセンター佐世保
TEL0956-42-1848  FAX0956−42−4643

※私も参加して「子育てタクシー」のお話をさせて頂きます!
 

     

昨日は保育園に通う息子の運動会。
先週は長崎市の「子育てタクシー」ドライバー養成講座が4日間あり、その疲れも取れぬまま週末に突入した私は、少々バテ気味。土曜日も夕方まで仕事だったため、仕事帰りにお弁当の買出しをし、帰ってからも一般的な家事の他に息子の体操服にゼッケンをつけたり運動会の準備をしたりでバタバタでした。
そして運動会当日は5時起きして苦手なお弁当作りに励みました。
言うまでもなく運動会会場に着く頃はすでに疲れ、親子障害競技では親子で見事に転び、心身ともにボロボロに・・・。

でも何とかプログラムの一番最後にある親子遊戯までたどりつき、息子とともに出場。
演目は「キャンプでホイ!」。これは息子が一番のお気に入りらしく、練習段階からずっと家でも歌って踊っていた種目でした。ただし、私たち家族はプログラムを見るまでずっと「チャンプラ、ホイ」って思ってって
ベトナムのナンプラーか何か調味料の歌か?なんて思ってましたけど・・・^^;

曲がかかり、手を叩いたり、みんなで輪になって手をつないだりしながら踊るのですが、その中でも息子と2人で手をつないでくるくる回る時の息子の笑顔!
目がキラリンとしていて「もう楽しくって、嬉しくって仕方がない!!」という表情は、今までの私の疲れをポーンと吹き飛ばし、母であることの喜びを改めて感じさせてくれました。

社長、妻、母。どの立場も私を人間的に成長させてくれる大切なものです。でも何の飾りもいらない素で向かい合える母親と言う立場は、私に優しさや強さやもろさなど、人間の根本となるようないろんな気持ちを運んできてくれるかけがえのないものです。

子育てって大変だけど、こういう子供たちの表情や態度に出会うと「子育て最高〜!」って思うんですよね。
ホント、大変だけど・・・^^;

コスモス_640x480.jpg

10月22日(日)午前10時より「自然干陸地100万本のコスモスまつり」が高来町深海「自然干陸地フラワーゾーン」で開催されます。
轟太鼓やふれあい動物園、ヘリコプター遊覧飛行など催し物も盛りだくさんです。
場所は弊社の小江営業所の目の前になります。国道207号沿いなのでわかりやすいと思いますよ。
遠くから眺めるのもよし、コスモスの花の中を秋風を感じながら歩くのもよし。
この機会に名水の町「緑あふれる高来町」へぜひお越し下さい。
詳しくは高来町観光協会へお問い合わせ下さい。
電話0957-27-7025

タクシー業界に携わって19年。職場は男性がほとんど、業界で出会う人もほとんどが男性。今振り返れば仕事で知り合った女性は数えるくらいしかいませんでした。
それが「子育てタクシー」の事業の立ち上げを考えはじめてからというもの、出会う人関わる人はほとんどが女性なのです。当然「子育て」というキーワードで動いているので、女性の方々と出会うのは予想していたことではあるのですが・・・。
でも、出会う皆さんのパワーが半端じゃない!
「子育て家庭を応援したい!地域をかえたい!ネットワークを結びたい!」など思いは様々ですが、その熱い思いがビシビシ伝わってきて、お話を聞いているだけで頑張る勇気を与えていただいています。

御本人の了解が得られれば、このHP上でもどんどん紹介していきたいと思っています。

すべての女性が元気を出す必要はないけれど、たとえば子育て中でちょっと元気がないお母さんたち!
皆さんの周りには皆さんを応援している女性がたくさんいるんですよ!
ちょっと行き詰ったこの社会をかえようとしている女性がたくさんいます。
今は種まきみたいな地道な作業で、すぐには成果が出ないかも知れないけど、きっと芽が出て大きな幹になり、たくさんの枝葉をつけてくると信じています。
私も微力ながら、そのお手伝いができればいいなぁ〜と思っています。

10月16日より長崎市のラッキーグループさんで、「子育てタクシー」のドライバー養成講座が始まりました。早ければ11月ぐらいより「子育てタクシー」が長崎市内を走ります!
諫早で立ち上げた発起人として、今回もお手伝いさせていただくことになりました。
長崎市は諫早と違い、核家族、転勤族の方も多いので、この「子育てタクシー」のサービスを待っていらっしゃる方は多いと思います。
ドライバーさんたちも夜勤明けの疲れも見せず、熱心に耳を傾けています。質問もたくさん飛び交い、子育て家庭のことを考えてくれているんだなぁ〜と思うと、一母親としてとてもうれしくなりました。

長崎県内、どこに行っても子育て家庭に優しい「子育てタクシー」が走っている・・・、そうなれるよう微力ながら力を尽くしたいと思っています。

10月18日(水)の「あっ!ぷる」(NBC放送朝9:55〜)に「子育てタクシー」が取り上げられます!
「子育てタクシー」がどういったものか、わかりやすく説明してあると思います。
ちなみに、私も再び登場させていただきます。
興味のある方はぜひご覧になって下さいね!

「内田さんすごいね!仕事も家事も育児もこなすスーパーウーマンだねぇ〜」なんてこの上ないお褒めの言葉をいただいたりすることがあります。
でもね、実際そんなことがあるはずもなく・・・。
100%、何でも完璧にやろうなんて・・・やっぱり私には無理。
でも、さすがに仕事では力を抜くことができないので、一生懸命やっておりますが、育児と家事はいろんな方の力を遠慮せずに借りています。

子供のお迎えに行けそうになかったら、主人、姉、そして「子育てタクシー」の手を借りますし、夕飯が間に合いそうになかったら、義母に「何かつくって〜」と頼みます。休日に友人宅に遊びに行って、「子供見とくよ〜」と言われたらその間にすかさず買い物にも行ったりします。
誰かに寄りかかることは、全然恥ずかしいことではないと思います。

先日、「子育てタクシー」利用者の方からこんなご意見を頂きました。
「塾のお迎えや保育園のお迎えにタクシーを利用すると、贅沢をさせているようで気が引ける・・・」と。
その方はご自身の体調が思わしくない時も多く、また下のお子さんがまだ小さく、夕方の忙しい時間帯の送迎が負担になっていらっしゃいました。「子育てタクシー」をご利用していただくようになってから、体力的にも精神的にもとても助かっているとおっしゃって下さってはいるのですが、ご近所の方の目を気にすると「贅沢させているようで・・・・」という思いもあるのかもしれません。

子供を一時保育に預けリフレッシュするお母さんを非難する方もいらっしゃいます。
でも精神的に追い詰められた状態で子供と接するより、気持ちにゆとりをもって子供に接する方がより豊かな愛情をかけてあげることができるのではないでしょうか?
私は子育て支援のスペシャリストではないので、あくまでも一母親としての意見ですが・・・。

子育ては母親、父親だけのものではないと思います。より多くの大人が子供を見守り、親をサポートしていけたら悲惨な事件を減らすことさえできるのではないかと思っています。
・・・・そんな事を思いながら今日も育児と家事のどこで手抜きをしようかと考えている私です・・・。

夕方に仕事を終えるとその足で夕飯の買い物に行きます。時間がないときは帰り道のスーパーで買うことが多いのですが、おいしい魚や肉を食べたい時には「行きつけのお魚屋さんとお肉屋さん」まで足を運びます。でも目的は「おいしい魚や肉」だけではないんですね〜。もうひとつの目的はおしゃべりなんです。スーパーでは店の人とおしゃべりしながら買い物することなんてほとんどないですよね。
子供も一緒に連れて行くことが多いので、「大きくなったね〜」とか「学校どう?」とか「運動会はなんばすると?」などなど、子供とも会話がはずみます。
子供もお魚屋さんに行くと店頭に並ぶちくわを「おばちゃんもらうよ〜」と言ってつまんだりして・・・、勝手知ったる・・・の雰囲気です。

昔、私が育った家の近所にもお肉屋さんがあって、その前の広場でよく遊んでいました。肉屋のおじさんやおばさんがハムをスライスする音が聞こえると店の中をのぞきこみ、ハムの切れ端をもらうのが楽しみでした。
実家近くを通ると、結婚して子供を持った私を見ても「てるみちゃ〜ん」と声をかけてくれる、肉屋を始め近所の方たちがそこにはいます。たくさんの方に見守られて育ってきたんだと実感する時ですね。

スーパーは確かに便利だし、私もよく利用する一人ではあります。
でもね、行きつけのお魚屋さんやお肉屋さんに行ったときに気持ちがやわらか〜くほぐれていく、あの感覚は何なんでしょうか?
子供たちが大きくなった時に、心の片隅に魚屋のおばちゃん達の事が温かい記憶として残ってればいいな〜と思っています。
皆さんも行きつけのお店をつくってみませんか?

●『急に破水をしてしまった!』
私も予定日2週間前の破水で慌てました・・・^^;。
「子育てタクシー」は防水シーツを敷いて送迎致します。

●『病院への入退院時・定期健診・赤ちゃんとの1ヶ月健診など』
お腹が大きくなってからの運転は大変ですし、安全を考えるとお勧めできませんよね。入退院時は荷物も多いし、1カ月健診となると赤ちゃんを抱っこして荷物を持っての移動は想像以上に大変です。
「子育てタクシー」は新生児用のチャイルドシートから御準備しています。
また送迎はもちろん、病院内までお荷物をお持ちしサポート致します。

●『夜中にお子様の急な発熱やケガ、御主人も残業で帰りがまだ・・・、どうしよう・・・』
我が家もありました・・・。夜中になって息子の嘔吐・・・。上の娘を一人だけ家に残すわけにはいかず、起こして一緒に病院へ・・・。息子を抱き荷物を持ち、起こされてグズる娘の手を引き、大変な思いをしたのを憶えています。
こういう時にも「子育てタクシー」ドライバーが玄関先までお迎えに上がり病院の受付時までお手伝いをさせて頂きます。

●『保護者の方の体調不良やケガの場合、お子様を連れての病院』
子供って敏感なので親の異変にとっても不安になるんですよね。そんな時もお子様が不安にならないように配慮しながら送迎させて頂きます。

●『突然の出来事(近親者の不幸や、ご自身の出産など)で、お子様の学校(幼稚園・保育園)へお迎えに行けない!』
「子育てタクシー」ドライバーが責任を持ってお迎えに伺い、保護者指示に従い目的地へ送迎致します。

●『お父さんもお母さんも急な残業で、保育所にお迎えに行けない!祖父母に預けたいけど車を運転できないから迎えに来てもらえない!』
急なお客様や残業でお迎えにいけない時ってありますよね。先生や子供の顔を思い浮かべながら、親も焦ったりイライラしたり・・・。そんな時「子育てタクシー」ドライバーが保育園に身分証をきちんと提示し、お子様の‘一人で移動’の緊張を和らげながら、ご自宅やおばあちゃん宅などへお送りいたします。

●『上の子が学習塾へ行く時間だが、下の子が病気で送って行けない!』
ご自宅まで、または学習塾までお迎えに上がります。
塾まで近距離なんだけど、冬場の暗いときなどはお子様一人での移動は心配ですよね。
ご自宅の施錠の確認やお子様の忘れ物などの声かけもドライバーがさせて頂きます。

●『保育園や学校から熱が出たと電話が・・・。今からお迎えに行って病院に行くと受付時間に間に合わない!子供と病院で合流できればいいのに・・・』
時間外になると診療費も高くなるし、スムーズな診察を行ってもらえなかったりしますよね。
お母さんは会社やご自宅から病院へ直行。お子様は「子育てタクシー」ドライバーが保育園や学校へお迎えに行き病院へお連れ致します。

●『赤ちゃんが熱を出してしまったから病院にいきたい!でもベビーカーやおむつやミルクなどで荷物がいっぱいで子供を抱っこして荷物を持つのは大変』
ですよねぇ・・・。子供と一緒の時って荷物が多いのが特徴なんですね。私もそうでした。もしものときを考えて、何でも多めに持っていくので、まるで旅行のような大きなバッグ・・・。そんな荷物を持って健診や受診は大変ですよね。
「子育てタクシー」ドライバーは玄関先までお迎えに上がり、病院内までお手伝いいたします!まずは雨の日の受診やお出かけの時にご利用されてみてはいかがでしょう?

●『子供の退院が決まったものの、家族は仕事なので自分一人で連れて帰らなければ・・・。でも家から持ってきている荷物も多くて、病院玄関まで運ぶのも一度には無理!病室まで荷物を取りに来てもらえたらなぁ』
我が家の息子も3歳までに3回ほど入院いたしました。看病で疲れた体にムチ打って・・・大きな荷物持って・・・子供抱えて・・・。そんな時「子育てタクシー」ドライバーが病室までお迎えに上がります。ご自宅まで安心してご乗車下さい。

syanai1_640x480.jpg

子供さんの年齢にあわせてチャイルドシート、ジュニアシートを装備いたします。


また絵本やおもちゃ、CDラジカセを準備して、お子様の不安を解消し楽しい車内作りを致します。

今日は娘の運動会。娘の頑張る姿も楽しみなんですが、他のお母さん方とゆっくりお話しできるのも楽しみの1つ。
「子育てタクシー」運行開始をテレビで見てくれたお母さん方も多く、今日はいろんな方に声をかけていただきました。そんな中、昨年こども会のお世話役をしている時知り合ったお母さんが、先日のNBCのニュースを観て「いや〜、びっくりしたよ〜。内田さんの仕事知らんやったけん、驚いたよ〜。がんばりよるね。でもあの映像をみて私もがんばらんばって思ったよ〜」と言って下さいました。
私を見て「(自分も)がんばらんば」って思ってくれる方がいるって事に、私自身改めて「がんばらんば〜!」って思った出来事でした。

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ