2008年2月アーカイブ

今年に入って4回目の東京出張。体力的にも精神的にも大変なのですが、子育てタクシーに対して同じように熱い思いを持つ理事のメンバーの顔を見られるので、それはそれでとっても楽しみです。

中橋事務局長と宿泊したホテルのレストランからは、今朝、きれいに富士山が見えました。
都内から肉眼で見る富士山は大学生の時以来だったのでちょっと感動。何故かいい一日になるような気がしました。
子育てタクシーに関する会議も無事に終了し、帰りの飛行機の時刻まで時間があったので、中橋事務局長の提案で、国際フォーラムの相田みつを美術館で開催されている「花の詩画と書の世界 星野富弘・相田みつを展」へ子育てタクシー協会の理事メンバー4人で行きました。

相田みつをさん、星野富弘さんの作品は以前から知っていたのですが、ゆっくりじっくり見たことはなかったので、改めて見ることができて良かったです。そして何よりこのメンバーで見ていることに大いなる縁を感じ、意味があると思いました。

偶然にも帰りの飛行機からも富士山を間近に、本当にきれいに頂上を見ることができました。頂に雪をかぶった富士山を眺めながら、子育てタクシーを始めようと思った時の気持や子育てタクシーをともにやっているタクシー事業者の仲間のこと、空港でお互いの姿が見えなくなるまで手を振りあった心の恋人中橋事務局長のこと、出逢った人のこと、今の気持ち、改めてそんなたくさんのことを振り返りながら、これからのことに思いを馳せました。

美術館を出る時に中橋事務局長にプレゼントされた詩集の最後は、相田みつをさんのこんな書でしめくくられていました。

その時の出逢いが
人生を根底から
変えることがある
よき出逢いを
     みつを

私はそんな出逢いを、どうやらしてしまったようです。

「子育てタクシー」が、まだまだ完璧でないのはよくわかっている。厳しいご意見を頂くたびに、凹んでいます。どうやったら私の気持ちがドライバー達に伝わるのか…。時にイライラしてしまうことも。ひょっとしたら、私だけの思いが先走りして、現場に向かうドライバーへ伝わっていないのか?と疑心暗鬼になることも。

会社の2階にある事務所でそんなことを考えながら悶々として、ドライバーたちの元へ降りていくと、車内清掃をしているドライバー達の姿。みんなが笑顔を向けてくれました。
日々一緒に過ごしているとわかるんですよね。その笑顔が嘘か真かは…。うちのように小さい会社ではなおさら。みんなの表情が見えるし、その向こうにある心が見える。
改めて、みんなと一緒にこの仕事をやっていきたいと思いました。厳しいご意見も、改善してほしいから言ってくださるお客様の声。前向きに受け止めて、みんなで頑張りたい、そう思いました。

たくさんの課題を抱え、これからの道は平坦ではないことはよくわかっています。でも、挑戦する意義は大いにあると思っています。
「安心・安全」の子育てタクシーが、皆さんの笑顔でつながり運行されるよう、ベストを尽くしていきます。

男性の多いタクシー業界の中で、いつの間にか仕事スタイルとして定着したのがパンツスーツ。気持ちが引き締まるし、何より動きやすい。特に子どもが生まれてからは、プライベートでも一切スカートをはかなくなりました。
でも、年に2回ぐらい、スカートをはいてみようかな…と思う時があって…。
昨日の天気予報で、今日の長崎は春の陽気と伝えていたので、なんだか急にスカートをはいてみたくなり、今年第1回目のスカートの日になりました。

ところが…、朝から着替えて家族の前に登場すると、主人と子どもたちが顔を見合わせ、ニヤニヤ。娘と主人はコソコソ話。そんな中、息子だけが「わぁ〜、お母さん、キレイ!」と言ってくれました。5歳にして女性を褒める術を身につけているのか?とちょっと先行きに不安を覚えながらも、息子と言えど男性、やっぱり褒めてもらうのは嬉しわ〜と、主人と娘の冷やかな視線を浴びてもルンルン(表現が古いなぁ〜)で会社へ。

会社に着いてみんなに挨拶しながら事務所へ。…ドライバーさん達の視線がスカートにいってるのを感じつつ(いや、イヤラシイ意味ではなく、「社長、どうしたんだ?」という疑問の視線^^;)、いつもと違う自分のスタイルにちょっとウキウキ(これも表現古いなぁ〜)。

でもね…、しばらくして事務所に入ってきた社員さんから「社長、今日お葬式?どうしちゃったんですか、何かあるんですか?」と言われ…。
そうか…、今日のスカートスーツ黒っぽいしな…、私のルンルンウキウキした気持とは裏腹に「なんか不幸があったの?」とみんな思ってたんだろうな…シュン。

今年は春っぽい甘い感じのスカートを買ってみようかな。
また息子は褒めてくれるかな、娘は冷やかな視線かな、主人はきっと「やめて」というに違いないけど。

春はすぐそこまでやってきているようです。
甘いスカートは無理だとしても、春色カラーを何か手にしてみようと思った朝でした。

なかなかこのブログでも、大好きな彼の事を堂々と書いたことはないんですが…。今回、彼の言葉にノックアウトされてしまいました。

辻褄があっていて説得力を持つものが正しくて
説明のできない曖昧なものが間違っている
きっとそんなに単純ではない
チャットでかわされる沢山の会話より
実際に会って、こちら側に向けられるその表情を僕は信じたい
情報もお金と同じ
持っていて損はないけど
そのために振り回される事もある

もっと
空の色を見てみよう
もっと
風の匂いを嗅いでみよう
もっと
声なき声に耳を澄ませて
大事な人を抱きしめる
で、ついでに
おいしいものでも食べるとしますか

沢山の情報を
数え切れないほどのメッセージを
そこから受け取ろう
そしたらなんとなく
今僕らがやるべきことに心は自ずと向かってゆく
そんな気がしています

大好きなアーティスト櫻井和寿さんがap bankのホームページに書いていたメッセージです。
櫻井さんの笑顔が好きで…あっ、いやいや、紡ぎだす言葉が大好きなんです。

メールより声を聞きたい、電話より会って話して表情を確かめたい。私も、いつもそう思っています。きちんと理論付けて話ができる事も大切だけど、もっと曖昧な、人間くさい感情を大切にしたい。

最近、心で感じることよりも、頭の中で考える事を優先させてませんか?…と自問自答。
櫻井さんのこのメッセージで、あなたは何を感じますか?

行政などが主催する「○○委員会」等の委員会メンバーに、必ず女性を入れる事が決まっているらしく、最近よくメンバーとしてお声をかけて頂くことが多くなりました。
昨年末より立ち上がった「諫早市中心市街地活性化協議会」にも交通コミュニティの分野から協議会メンバーとして参加をしています。(先日、諫早市長向けに意見書を提出した記事が新聞にも掲載されていましたね)

この協議会に参加して、私自身、改めて「活性化とは、街づくりとは…」ということを考えています。
諫早市には大型商業施設がありません。(ここでいう大型商業施設とは「大きい店」ということではなく、例えばジャスコや夢彩都のような地元企業ではないお店)
皆さんはこれを「吉」ととらえますか?「凶」ととらえますか?
私は「大吉」だと思っています。

確かに今の諫早市の中心地のアーケードは、どこの地域でも抱える問題の一つと同じように、空き店舗が多いですよね。街が賑わうはずの日曜日や祭日に行っても、閑散としています。欲しい商品もなかなか手に入らない事も実状です。
行政が行ったアンケートでは、多くの世代の方が諫早に必要なものとして「大型商業施設」を望んでいるそうです。私も、子育て世代として「商品の購入利便」を考えたら、大型商業施設の誘致を望むでしょう。
…でも、果たしてそれは「街の活性化」や「暮らしやすい街づくり」につながるのでしょうか?

私が小さい頃は、「諫早のまち(アーケード)」に買い物に行くのがとても楽しみでした。歩いているだけで、そこに行くだけで、ワクワクドキドキ…。
「諫早市中心市街地活性協議会」の中で何度も発言の機会を与えて頂き、その中で私や他の女性メンバーが主張してきたことは「例えば、子ども連れでまちに遊びに行き、商店街の商店をのぞきながらぷらぷらできるまち。そこには会話がうまれ、コミュニケーションがうまれる。個人商店だからこそできるサービスとコミュニケーション。近くには公園もあり図書館もあるのだから、それらを一体の導線としてつなげたらどうだろう」ということ。
特に地方は自家用車を使う生活スタイルになってきていて、郊外型の大型商業施設が「便利」ではあります。でも、「人と人がふれあう街づくり」を目指すならば、新しい生活スタイルを提案したっていいのでは?
これから新しい一歩を踏み出そうとしている街づくりならば、諫早らしい街づくりをしなければ意味がない!と思っています。

もちろん交通コミュニティーの分野でも、「お買いもの配達サービスや付添サービス」などの新しサービスを開拓すること、それからもちろん「子育てタクシー」でも「街の活性化」や「やさしい街づくり」に貢献できると思っています。

商店街の方たちが一生懸命取り組んでいる姿もみえました。一部の人たちだけでは街づくりを考える事も、街を変える事も不可能です。ハード面ばかりを揃えるのではなく、いかにソフトを充実していくか(ネットワークを組んでいくか)、これからの大きな課題ですね。

子育てタクシーのドライバー養成講座のため、山口県の湯田温泉に来ています。10時からの開講に間に合うようにと朝早く諫早を出たのですが、福岡の大牟田方面の列車事故のため電車が遅れるわ、雪のため新幹線が徐行運転をするわで、結局間に合わず…(T_T)

そんな状況に追い打ちをかけるように、山口に到着すると、「ここは雪国?」って思うくらい、猛吹雪で…。
山口県、39年ぶりの大雪だそうです…。雨女ってことは自覚していたし、多くの方に迷惑をかけてきたのも事実なんですが、雪まで降らせる雪女だったとは!

でも、外の冷たい天気とは裏腹に、子育てタクシー養成講座は、とっても心温まる素敵な講座になりました。どのドライバーさんも真剣に、でもとても楽しそうに受講している姿に、山口県での成功を確信しています。何よりもドライバーさん達が真剣に前向きに取り組むこと。このことが何よりも大切なのです。
彼らのその取り組みが、気持ちが、必ず多くの子育て家庭の助けになり、子どもたちの笑顔をつくりだせる、そう思っています。

講座を担当して下さった先生方にも感謝です。また素敵なご縁ができました。
明日も夕方まで講座です。雪景色の山口、いい思い出になりそうです。

今年はバレンタインに向けて、とても気合の入った手紙を書きました。もう、熱烈なラブレターです。
手書きで便箋2枚にびっしり。思いを込めて、心をこめて…。最後にキスマークをつけようと思ったのですが、さすがにそれは姉に止められました。
40歳になってそんなに恋焦がれる彼でもできたのか!って? オイオイ、家庭は大丈夫なのかって?

大丈夫、大丈夫。

手紙をおくる相手は全国の500人の子育てタクシードライバーさん達。
協会設立当初より、中橋事務局長の提案もあって、バレンタインにはチョコとお手紙を送っています。
(このチョコのラッピングと配送作業がすごく大変なのですが、高松の事務局スタッフ総出でやってくれています。ありがとう!)

一人一人のドライバーさん達が受け取るチョコ自体は小さいものだけど、中味は、子育てタクシー協会を裏で支えてくれている女性スタッフのたくさんの想いが詰まっている、とても温かく大きいものです。
私も、全国で頑張ってくれている子育てタクシードライバーさん達に少しでもこの想いが届けばいいなぁ〜と思い、メッセージを手書きしました。

私やスタッフの想いがドライバーさん達に、ドライバーさん達の想いが利用者の方々に…。そうやってみんなの想いがつながっていけばいいな、と思います。

愛を伝えるバレンタイン・デイが皆さんにとっても素敵な日になりますように。

2月に入ってなかなか更新できずにすみません。出張と、地元に帰ってくると会議続きで自分の会社にいる時間もなく、トホホの毎日です。あっ、でもそのおかけでモバイルノートを手にすることができました!
とっても軽くて小さい、かわいいやつです(*^_^*)
出張先からでもブログの更新ができるように頑張ります!
(…と思っていたのですが、やっぱり東京に行くと風邪を引き、体調が思わしくないんですよね〜。)

でも最近、鏡を見て嬉しい事を発見。
化粧を落とした時の顔色がやけに白い!やったーーー!やっと美白化粧品の成果が出てきたのね!と思い、ちょっとルンルン。(表現が古いな…)
娘からは「お母さん、最近顔が青いよ」と言われても「子供にはわからないのよ〜、美白化粧品の威力は。ふふふ」と高笑いをしていた私なのですが…。

今日、風邪の症状が思わしくなく、かかりつけの病院へ行ったら「貧血も出てるよ」と言われ鉄剤とともに漢方薬を処方して頂きました。
そう言えば立ちくらみもめまいもしていたのですが、すべて年齢のせいにして気にしていませんでした。
「処方した漢方をしばらく続ければ、顔色も良くなるよ」とかかりつけの先生に言われ、「あ〜、美白化粧品で色白になったのではなく、貧血で顔色が悪かっただけなのね」と娘の言葉を高笑いしていた自分が恥ずかしくなりました。

貧血に良い食品はなんだったかな?と、これで何度目かになる貧血にまた立ち向かおうと(イヤイヤ、そんなおおごとの病気ではないんですが^^;)決心した私です。
つやつやお肌を目指して頑張るぞぉーーー!

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ