2009年1月アーカイブ

IMG_0182.jpg

私のブログによく遊びに来てくれる「くまさん」のブログのページをちょっと真似しちゃいました。

創業50年を迎えたわが社の、一番古い道具…かもしれません。

みんなの手あかがべっとり付いた、以前は青かったであろう「鉛筆削り」。

つい最近まで現役だったのですが、さすがに疲れたのか、鉛筆を差し込んでも折れるか空回りするかなので、その役目を終えたようです。

この写真では見えませんが、鉛筆削りの上には何故かロウを垂らした様なあと。きっと、過去何度かの大きな台風で停電になった時、ろうそく立てとして?活躍したんだと思います。
(でも、なんで、鉛筆削りの上なんだろう。お皿とかもあるのになぁ…)

鉛筆削り以上の役目をこなしたからか、その存在感は抜群で^^;…。

だからかなぁー。誰も処分しないし…、新しい鉛筆削り買おうとしないし。
これに鉛筆を差し込んでも上手く削れないのに、誰もが一応差し込んで回してます(^_^;)
 

昨日、地元のテレビ局が、長崎の警察学校の卒業式の模様を伝えているニュースを見て、ふと、「なりたい職業」について考えました。

たまたまその日は、新聞の「ひと」欄に掲載されていた、トヨタ自動車の社長に就任する豊田彰男さんの子どもの頃の夢が、「タクシーの運転手」と書いてあったのが妙に印象に残っていて、何だか何度もそれを思い出していたのと、その日の夕方のニュースで好感度抜群の青年たちが、警察官としての夢を語っていたのが重なったので。

実は、つい最近、警察を退職された方から、こんな話を聞きました。
「いま、警察官を志す若者が非常に減ってきている。でもね、それは今の警察官たちが子どもたちに希望や夢を与えないからではないか」と。

こんなエピソードも披露してくれました。
「大事にしていた自転車を盗まれた少年が、被害届を出していた。登録をしていた自転車だったため、すぐに見つかり、若い警察官が連絡をしていた。「見つかったので、取りに来て下さい」と。私はね、思うんですよ。取りに来て下さいではなく、持っていってあげたらその少年は喜ぶんじゃないかと。だって、大事にしていた自転車を見つけて届けてくれるおまわりさんは、その子にとって正義の味方でしょう?まさにヒーローになるんですよ」

はいはい、よくわかります。きっと警察関係の方がお読みになったら、「他にやることが山のようにあるんだ。いちいち、盗まれて発見された自転車なんか届けていられない!」ってね。

でも、本当にそうなのかなーって思います。警察を退職された方が話された価値観は、これからの時代にとって必要なことではないかと。これは何も警察官だけに限ったことではないんです。
心をつないでいく事が、これからのすべての「仕事」には必要ではないのかと。

世間では多くの人が雇用を切られ職を求めているというのに、タクシーの乗務員募集をしても応募してくる人はあまりいません。
そう、もちろん、そんな業界にした私達にも責任はあると思いますが、働く側の人の「仕事」への意識も価値観も大きく変わったのだと思います。
でも、そこも再び変えていかなければ、ダメなんだと思います。

私の会社では、忘れものをされたお客様、特にお子様やご高齢の方の忘れものは、手の空いた者が届けるようにしています。もちろん私もその要員の一人です。多分こんな事は、もう珍しいことではないと思いますが^^;

「タクシーの運転手さん」が、心をつなぐ職業になるよう、いつの日か「子どもが将来なりたい職業ベストテン!」に入れるよう、私達は頑張りたいと思っています。

わははネットさんの満10歳のお祝いと、子育てタクシー協会の理事会のため、土、日に香川県高松市に行って参りました。

めっちゃ寒かったですねー。
日曜日は諫早も雪が積もったようですが、香川県も小雪が舞い、飲み歩くのに(ほら、それも楽しみの1つだからねー)寒かったです。

「香川がこんなに寒くなるのは珍しいし、雪が降るなんて…」と私の方をチラリチラリと見ながら言われ(T_T)。
スミマセン^^;。雨を降らせない時は、雪を降らせちゃうし、自分でも本当に恐ろしいくらいの雨女だって思ってます。

でも、理事会の内容は充実してました。厳しい状況の中でも、やらなければいけない事の方向性が見えてきたような気がします。

新年会を兼ねた懇親会では、タクシー王子や姫、今回は事務局の可愛い姫たちも加わり、お酒を飲みながらですけど、いろんな話ができました。とにかく、よくしゃべったような気がします。
(以前、香川のスナックでママさん相手に子育てタクシーを熱く語り、みんなに呆れられた事があります^^;)

懇親会の後は、タクシー王子の一人と、うどんを求めてさまよい歩き、ぶっかけうどんを食べてホテルに戻りました。今回は、帰る前もおいしいうどんを食べて、香川に来たぞーって事を思いきり堪能してきました。

わははネットさんの10歳のお誕生日会では、キラキラ輝く中橋さんやスタッフの皆さんの姿にパワーをもらい、素敵な中橋ダーリンとも再びハグすることができ、そして何より、子育てタクシー協会の理事のメンバーと顔を見ながら話をする事ができたので、博多からの特急列車が超満員で立ちっぱなしでも、足がパンパンにむくんでも、また今日は元気に仕事をする事ができています。

でもね、やっぱり一番の栄養剤は、家に帰った時の「お帰り」の温かい声と子どもたちの嬉しそうにはしゃぐ声なんです。
お休みの日に私がいなかった事が寂しかったのか、いつになく息子が瞳をウルウルさせていて、その姿に胸がキューンとなってしまいました。

さぁ、月末に向かってやる事は山積みだー。心に響くたくさんの出来事があったので、今月も乗り切れそうです。やるぞー!
 

 

 

先日の「女・男フォーラム」で講演をされた広瀬さんのお話の中にもあったのですが、『言葉は心』なんだと思います。

ミスチルの歌の中に
『♪他人の気持ちになって考えろ と言われてはきたけど
  想像を超えて 心は理解しがたいもの♪』
という一節がありますが、まさにその通り。

いくら心の中で、いろんな事を思っていても、言葉に出して伝えなければ、相手には伝わらないのです。

言葉のキャッチボール、すなわち心のキャッチボールをしたくて、メールや電話をしても、何の音沙汰もないと、辛いなーと思う時があります。
議論を交わし、悪態つかれた方がまだいいなぁー。こちらの気持ちを投げても相手の心をすり抜けて向こうへいったり、無関心を装われると、なんだか私の存在自体を否定されているようで、寂しいです。

「愛情の反対は、憎しみでなく無関心である」と言ったマザー・テレサの言葉は的を得ているなーと改めて実感。

明日は、わははネットさん10周年のお祝い行事と子育てタクシー協会の理事会のため、香川県高松市へ出張です。
協会の王子、姫たちは心を言葉にするのがとても上手です。だから、いろんな事を議論して熱くなっても、そのお互いの胸の内がわかるから、次に会う時は笑って会えるのだと思います。

長崎は雪が積もる予報。わははネットさんの祝賀会の時に乾杯の音頭のご指名を頂いたので、新幹線に遅れが出なければいいなーと思っています。

 

 

iTunesのデータを消し去ってから、はや3ヶ月。結局復旧方法もわからなく、放っておいたのですが、観念して、CDを入れなおすことにしました。
車や会社や自宅など、あちらこちらからお気に入りのCDを探し出し(…こういうところで性格がわかるでしょう?1か所にまとめて置けず、いろんな所に分散させてるんです^^;)、iTunesに入れる作業をしています。

今朝、車の中をゴソゴソ探していたら、以前友人からもらった「1.21」と日付が入ったCDが目につき…。
友人のお気に入りの曲ばかりを集めたCDで、私のお気に入りの1枚でもあるんですが、気が付けば、今日がCDをもらった日と同じ1月21日。

おー、なんて偶然!と思いつつ、このCDをもらった時の事を懐かしく想い出していました。と、同時に、あの時からすれば、自分の置かれた立場も仕事も日々の時間の流れ方も大きく変わったなーと。

テレビでは、あの時は誰も予想しなかったオバマさんが大統領就任の演説をしている。
日本の政治は混迷を続けている。
経済は崩壊し、新たな価値観の中での再構築が始まっている。

そんな事を考えていたら、「そうかぁー。結局誰も未来の事なんかわからないのよねー」なんてひとり言を言っておりました。(ちょっと危ない?)

でもねー、あの時と変わらないものも確かにあるんです。
いくら時が経っても色あせないもの。それは気持だったり、信念だったり…。

1年後の私が、どんな立場でどんな状況に置かれているのか、さっぱり予想もつかないけど(どうか、今の仕事を続けていられますように…^^;)、今と同じ気持ちで過ごせていたら…と思っています。
私を取り巻く環境、外の部分が変化をしていっても、変わらないものはずっと心の中にあると信じています。

100-1580_IMG.jpg

…と題して、諫早文化会館で開催された「女・男フォーラムinいさはや」にて体験発表をさせて頂きました。

当日は、雨女の私らしく、しっかり雨を降らせたにもかかわらず、約600人の方が来場されたそうです。
子育てタクシーの話を中心に、これまで自分が歩いてきた道の事をお話させて頂きましたが、聞いて下さった皆さんの心に、雫を落としたような静かな波紋が広がり、それが少しでも残っていたら嬉しいなぁと思っています。

 

基調講演の元NHKアナウンサー広瀬久美子さんのお話も、非常に楽しく、興味深く聞かせて頂きました。

女性アナウンサーは能力があってもサブが当たり前だった状況を、自分たちの手で変えてこられた、そのパワーはすごいと思います。仕事、家事、育児と、何でも完璧にこなそうとするのではなく、「男性の自立」を促したうえでの、「女性の働き方」があるのだと、おっしゃっていました。

諫早市役所の男女共同参画課の方々の「男女共同参画課がなくなった時、初めて男女共同参画の社会が実現できているんだ」って言葉も、印象的でした。
みんなが殊更意識をしなくても、女性が社会にどんどん進出していけて、男性も女性も性差を超えた一人の人間として意見を交わせ、よりよい社会を築けたらいいと思います。

私が、諫早市タクシー協会会長の職を引きうけた時、その状況とプレッシャーで落ち込んでいたのですが、そんな時主人がこう声掛けしてくれました。
「やってみろ、と声をかけてもらえたのだから、やった方がいい。お前ならやれるんじゃないか?」と。

妻としても母としても、あまり満足にそれらの立場をこなしてるわけではありません。
料理を作っても一味足りず家族中が顔を見合わせたり、娘の授業参観も終わってから気付いたりする程のダメダメ振りなのに、主人がそんな言葉をかけてくれた事が嬉しかったです。

でもねー、「できるだけ、家の事も頑張るから…」と伝えると、「いや、人には向き不向きがあるからねー」とあっさり却下され、喜んでいいやら悲しんでいいやら、ちょっと複雑な気持ちになったのは言うまでもありません^^;
 

明日、1月18日(日)諫早文化会館で開催される「女・男フォーラムINいさはや 共に築こう 未来いさはや」で体験発表をさせて頂きます。

男女共同参画事業の一環であり、毎年、県や各市で開催されている「ひと・ひとフォーラム」の諫早版です。
子育てタクシーの事を中心にお話をさせて頂こうと思っています。

13時開演です。体験発表のトップバッターです(^_^;)

もっと早くお知らせしようと思っていたのに、やっぱり今日になってしまったー。ゴメンナサイ。

私以外にも4人の方が体験発表をされるのですが、どなたの発表も興味深いものばかりです。
基調講演は、元NHKアナウンサーで現在フリーで活躍されている、広瀬久美子さんが「男と女のステキな関係」と題してお話されます。

お時間がある方は、ぜひ!
手話通訳、託児室(要申込)もあります。

よくもまぁー、こんなにやる事が次から次へと出てくるものだと、自分の事ながら、感心する事しきり…。

タクシークーポン事業が、一応軌道に乗ったかと思いきや、諫早市のタクシー全面禁煙準備を始めなければならないことに気付き…(-_-;)
あちこち駆けずり回っています。

そんな中、クーポン事業で共に汗をかいた(いや、まだかいてる途中だ!)仲間(…と、私は思ってる)から、応援メッセージが(^_^)

「無理しないでたまにはぐうたらしてください」と。でもねー、彼の仕事に対する「熱さ」には負けたくないので、「いやいや、Hさんには負けてらんないし、なんたって、諫早市タクシー協会長ですから!」って力入った返事をしたら、

「適当にいきましょう。たまには適当もいいです。昔母方の祖母が言ってました『いい加減が良い加減』」

ってメールが返ってきて…。

ちょっと肩の力が抜けました(*^_^*)。いい言葉です。

「いい加減が良い加減」。

確かにそうかもしれません。何でもあまりがむしゃらに突っ走ってしまうと、周りが見えなくなって、気付いたら一人ぼっち…なんてことになるのかも、ねー。
ちょっと肩の力を抜いていい加減にやる方が、良い加減に仕上がるのかも、です。

こうやって、時々、いろんな方に、心に響く言葉をもらうと、ビタミン剤のようで元気になれます♪
明日も、「いい加減が良い加減」になるよう、肩の力を抜きつつ頑張ります(^_^)v

 

2つ年下の親友は、大企業の御曹司。
ですが、大学を卒業してからの十数年間は俳優をやっておりました。縁あって、彼が大学生の時に知り合い、俳優の道を志す時もいろいろ相談に乗ったりしました。

昨年、彼は父が経営している会社に入社する決断を下しました。先週、引っ越しも済ませ一昨日から仕事を始めたようです。とは言っても、いきなり経営者としての帝王学を学べるはずもなく、まずは現場から。

多分、年代も何もかも違う「現場」の人たちと「仕事」をするのは大変だろうなーと、少なからず案じていました。

昨日、彼からメールが届きました。
「昨日から始まったよ。忙しく走り回ってる…」って元気なメールでした。

39歳から始まった彼の挑戦を、親友として、一企業人として、とても興味深く、そして温かく見守りたいと思っています。
今、この時期に、彼が経済界の中に身を投じるって事が、何らかの意味を持ってるのだと思います。

「ここにも同じ戦場で戦っている人がいる。負けちゃいられない」
そう思うと、私の方が勇気をもらいました。

テレビで恐い番組(心霊現象とか宇宙人到来とか…)を観たらしく、小六の娘が、珍しく一緒にお風呂に入ろうと言ってきました。

お風呂の中で、「女の人の顔が写っていてね…」「悪魔がね…」と娘が私に一生懸命説明してくれるのですが、私が「はぁー」とか「ふーん」とか答えるので、「お母さんは恐くないの?」と少々呆れ顔。
「うん、お母さんはそんなものは恐くないの」と言うと、「じゃぁ、お母さんの恐いものって何?」と聞き返され、「うーん」と返答に困ってしまいました。

実は、大学生まで、めっちゃ恐がりでした。夜、トイレに行く時は家中の電気をつけて行っていたし、恐い映画も恐い話も一切ダメでした。

母が亡くなってからかなー。そういうものに対しての恐怖心がなくなったのが。
上手く書けないけど、多分、身近な人の死を経験した人なら、この感覚わかって頂けると思います。

娘が先にお風呂から上がり、一人になってそんな事を考えていたら、なぜかスガシカオの「夜空のムコウ」の曲が頭の中で流れ始め、今、ipodで聴きながらこのブログを書いています。

♪ あれから僕たちは 何かを信じて来れたかな

 君が何か伝えようと 握り返したその手は
  僕の心のやらかい場所を 今でもまだ締め付ける

悲しみっていつかは 消えてしまうものなのかなぁ
  タメ息は少しだけ 白く残ってすぐ消えた

君に話した言葉は どれだけ残っているの?
  僕の心の一番奥で  空回りし続ける

あの頃の未来に 僕らは立っているのかなぁ
  すべてが思うほど うまくはいかないみたいだ

  このまま どこまでも 日々は続いていくのかなぁ
  雲のない星空が マドの向こうに続いている ♪  (好きなところだけ歌詞を抜粋しちゃいましたー)

何だか、久しぶりに涙がでてきました…。


  
 

勝間和代さんによると、ワーキングマザーの三種の神器は「食器洗い機」「24時間風呂」「衣類乾燥機」らしい。

我が家には「食器洗い機」も「24時間風呂」もないけど、「衣類乾燥機」だけはありました。しかし!去年の夏に壊れて以来、買い換えようかどうしようかずーっと迷い、そのまま放っておいたのですが、雨の日が続いたり、冬の寒い日になると、1日では乾かず、洗濯物が恐ろしくたまるようになってきたので、思い切って今年の初売りに出かけ、衣類乾燥機を買いました!

最近は洗濯機と衣類乾燥機が一緒になったドラム式が主流のようですが、20万!30万!するので、とても手が出ないし、何より、私の洗濯スタイルに合わないなーと思い…。
だって、洗濯機と衣類乾燥機が一緒になっていたら、洗濯しながら乾燥機を回せないし、半分は吊り干し、半分は乾燥機ね…なんて事したい時でも効率が悪い…。(と、私は思っている!)

で、衣類乾燥機のみ買い換え、今日、届きました。

やっぱり便利です。これとこれは吊り干しで、これは乾燥機…とやると洗濯物がサクサク片付く。

でも、勝間さんが言っている三種の神器のうち、「食器洗い機」と「24時間風呂」は何か抵抗があってダメなんですよねー。(24時間風呂が、未だに一般的かどうかすらわからないけど^^;)

ある人と話していて、私が未だに食器を手洗いしてるって話したら、非常に驚かれて、その驚き方に私の方がビックリした経験があるのだけど…。
食器洗い機で本当に汚れがきれいに落ちるのかー?って疑ってかかってるって事もありますが、何より、食器洗いが、私、意外と好きなんです。だからあんまり苦にならないんですよねー。

そんなこんなで、今日は、洗濯機を含め、洗濯機周りをピカピカに磨き上げ、新しい乾燥機をお迎えいたしました。

その合間に、ジャガイモと人参と白菜ととびきりおいしいベーコンで煮込む特製ポトフを作りました!
超簡単だけど、大分の耶馬溪から取り寄せたベーコンのおかげで、超おいしいポトフに仕上がるんです!

年明けからどっぷり仕事にはまっていた私ですが、今日はどっぷり家事に専念できた1日でした。

明日は祝日だけど、再び仕事にハマります。疲れたけど、ちょっとリフレッシュの1日でした(*^_^*)

今日は雪の寒い中、博多まで出張でした。諫早市タクシー協会長として。
タクシー業界の今後を大きく左右するであろうと思われる、昨年の12月に出された「国土交通省交通政策審議会答申」説明会に出席してまいりました。
本省(国土交通省)の本田自動車交通局長が自ら答申の説明をされるという、気合の入った説明会でして…。

そう、とてもよくわかりました。今後行政として、タクシー業界をどの方向へ導きたいのか…。そして、私達に何を求めいるのかも。

そして、やっぱり感じました。私達の業界の多くの人が、まだ気付いていないことに。

あー、こんな事書くと、また、いろんなところからお叱りを受けそうですが、でも、やっぱり、多くの人が気付いてないよ。タクシーの価値観を変える努力をしないと、需給調整だけにそれを求めても、タクシーの市場は先細りしていくって…、私は、そう思ってます。

ここで、あんまり突っ込んだ話を書くと、あちらこちらに弊害が出てしまうので、この話は酒の肴としてとっておきたいので、「おー、内田!その話もっと聞こうじゃねぇーか」(こんな柄の悪い人、誰を想定してるんだよー!)って方は、どうぞおいしいお酒を飲みに誘って下さいませ。

 

景気も悪いし、くじ運も悪い、携帯電話のアドレスも全削除しちゃうし、そんでもってついでに体調も下降気味。(2時間近くも冬の寒空の下、ボーっとしてれば、風邪も引くよなぁー(T_T))

携帯電話のアドレス削除の件では、早速、子育てタクシー協会の中橋事務局長からauのHPから探してくれた復旧の方法を貼り付けたメールをもらいました。
…ですが、原因がわかりました。そもそも「アドレスの預け」なんてしてないのに、「預けたアドレスを戻す」なんて事をしたものだから、完全に白紙状態になってしまったようで^^;

何とか、2年前の携帯電話を探し出し、データの写しかえをして頂きましたが、この2年間に出逢った方々のデータは戻ってこなく…トホホの状態です(T_T)。こんな体調じゃ、名刺を探し出して登録!なんてこともできないし…。

そんな不調の私の会社には、子育てタクシーの「ママのしあわせプレゼント事業」の黄色い券と「飲酒運転根絶」の青いタクシークーポン券が山積みで、清算業務を待ってる状態。

今週末は出張もあるのに…。あっ、その前に資料も読まなきゃいけないし、手直ししなきゃいけない原稿もあったんだった…。

それより、明日からは娘の学校も始まるー。

思い切って熱でも出てくれたら、堂々と休めるんだけどなー。熱には強いし、そもそもあんまり熱が出ない体質なんですよね。うー、残念。

さて、どれをどうやって手抜きをしようか…(笑)。とりあえず、今日は早く寝るか…。
なーんて事ばっかり考えてるので、仕事が片付かないのよねー。スミマセン^^;

携帯電話のいろんな機能など、興味がないのに、今日は何故かいろいろ触ってたんです。…で、見つけたのが、「アドレスお預かり」なんて項目。

「へぇー、アドレスをお預かりしてくれるの?」と簡単な簡単な気持ちで、何だか「はい」を押しちゃった…。

そしたら…、登録している全てのアドレスが消えているーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

「えっ?」と思っても「はぁ?」と思っても、時すでに遅し!何をどうやっても、アドレスは復活しません

もう、携帯電話、捨てちゃおうかと思ったんだけど、そういうわけにもいかず…。

…で、お願いです。これを読んで頂いてる方の中で、私の携帯電話及びメールアドレスをご存知の方は、お電話もしくはメールを下さい。本当にお手数をおかけいたします。ごめんなさい…。

新年早々、やっぱりドジでマヌケ振りを発揮しておりますが、これも内田輝美の一部分と思い、ご容赦下さい。

「おー、お前の携帯から削除されてさっぱりだー!」という方も、中にはいらっしゃるかと思いますが^^;。

携帯に電話がかかってくる度に、見知らぬ番号に「誰だよー」と思いながら(いやー、こういう時、番号を憶えていない事、別に控えをとってないことがどんな結果を招くか、実感しました!)、恐る恐る電話に出ておりますので、いつもよりちょっと無愛想かもしれません。

…が、お電話やメールを頂いた方には、「感謝感激雨あられの」態度で接しさせて頂きますので、よろしくお願い致しますm(__)m。

 

 IMG_0174.jpgのサムネール画像のサムネール画像            

タクシー車両の取引をさせて頂いている長崎トヨペット諫早店の甲斐店長が新年のご挨拶に来て下さいました。

新年のご挨拶と共に手渡されたのが、左の写真のもの。

甲斐店長が撮った富士山の写真入りの新年のご挨拶カード。私の名前もちゃんと入ってる。

…で、裏を返すと、入浴剤と諏訪神社のおみくじ!が入ってました。意外なプレゼントに、「うわぁー、おみくじなんて初めて頂くかも」と言ったら、「私が諏訪神社で頂いてきて、家内と二人でこれを作りました!」と。

何だか新年からあったかーい気持ちになりました。

きっと奥様と二人でこれを作られるときは、お一人お一人のお客様の事が話題になったり、顔を思い出されながら作られたんだと思います。

帰る時に、「明日から通常営業です」と言われたので「えっ?明日から?あっそうか、今日は月曜日だからお休みなんじゃないですか?」って聞いたら、「休みの時が、こうやってゆっくりご挨拶に回れますので…」と言われ、甲斐店長の仕事に対する姿勢に頭の下がる思いでした。

きっと、商売って、こうやって築いていくものなんだよなー。
いや、何も休みの日に仕事をしろとか、そういうことではなくて、人が人を想うこと、なんだと思います。

商談が成立した時にだけ、ベタベタ付き合うのではなく、普段からお客様を想うこと、声を聞く事なんだと思います。新年早々、いい気付きを頂きました。

おみくじは…、「吉」でした。(昨日、橘神社で引いた時には「中吉」だったので、運は下降気味?!)
「何事にも心を動かされず仕事を守りなさい」だって!
ハイハイ^^; わかってます。

おみくじには「毘沙門天様」が一緒についていたので、店長のあったかい気持ちと共に、お財布の中に納めさせて頂きました。
 

                                     

一人になれる時間があったので、景色のいい場所に、空を眺めに行ってきました。

2時間ぐらいボーっと空を眺め、いろんな事を考えてました。(途中から雨が降ってきて、やっぱり私って雨女なんだーと実感^^;)

明日から、本格的に仕事が動き始めます。
忙しくなるであろう今年の仕事に対して覚悟をしたり、家族の事を考えたり、私の周りの人たちの事を考えたり、昨年までのいろんな後悔や今年目標としている事を思ったり。

多分、今年もたくさんの人と出逢うんだろうなー。
そんな期待に胸を膨らませ、どうかそんな人たちと、人として向き合えるような付き合いができますように…と願ったり。

雨だったので、夕暮れの藍から蒼へ変わりゆく空は見られなかったけど、いろんな事を考え、感じた2時間でした。(かなり寒かったけど(T_T))

さぁ、明日から、また頑張ります。

こうやって、一人になる時間が持てて良かったなーと思いました。
やっぱり空を眺めてボーっとするのって大好きです。

IMG_0170.jpg

長崎は雪がちらつく寒い年明けとなりました。

会社へ向かうため国道207号を走ると、右手には普賢岳、左手には多良岳と二つの山に見守られるかっこうになります。

今日は雪曇りのため、初日の出はのぞめないなぁーと思っていたら、普賢岳の山裾から、きれいな光を放ってくれました。

…で、思わず、車を停めてパチリ。

いやー、きれいでした。普賢岳から昇ったおひさまは、多良岳を神々しく輝かせていて…。

なんか、この厳しい年明けにそんな光景を見られて、涙が出そうになってしまいました。

元旦の朝礼で、社員さん達に感謝の言葉と共に、厳しい言葉も伝えました。自戒の意味も込めて。

元気を出そう。必ず日本は元気になる。
だから、その発信を、長崎から、諫早から、「いま」「ここ」からしていきたいと思います。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ