2009年10月アーカイブ

「つよがり」

 

それが私のいい所でもあり、悪いところでもあり…。

 

だから、ミスチルの「つよがり」を聞くたび、櫻井さんが唄ってくれるたび(…って、何も私に向って歌ってるわけではなく、私が勝手に歌を聴いてるだけなんだけど^^;)、ハラハラと泣いてしまう私です。(結構、ナルシストなんです…アハハ)

 

今日は、長崎市内で長崎県総合計画懇話会があり、ちょうど会場を出たのが夕暮れ時。駐車場から見えたその長崎らしい風景と日が落ちる瞬間が重なり、久しぶりにめっちゃ切ない気持になってしまいました。

 

普段は「つよがり」の私でも、秋の夕暮れを見ると、時々泣きたくなるほど、心がヨワヨワになるんです。

 

秋の夕暮れは、きっと人を切なくさせる魔法のような力を持ってるのだわぁー。

 

まっすぐ帰ればいいものを、なんだか人恋しくて、わざわざ渋滞がひどくなる、人ごみのする県庁坂の方を回って帰ったんですが、なんだか車線変更を間違えて、何度も同じところをグルグル回るはめになってしまいました。((+_+))

 

せっかく格好よくたそがれようと思っていたのに、こんな所で方向音痴が災いするなんて…。
やっぱりキャラ的に、私にロマンティックの神様が舞い降りる事はないのかしら…。

 

ハァー、つまんないわー。(T_T)

 

 

 

地元の子どもたちに会えるなら!と思って、軽ーく引き受けた高来中三年生の道徳の授業のゲストティーチャーだったのですが…。

 

なんと! 実は「諫早市教育員会指定の道徳研究発表会」で、諫早市教育長をはじめ、多くの先生方が見に来られる公開授業でした(@_@;)

 

でも、本当にいい経験というか、すごいパワーを、私の方が頂きました。

 

授業の内容は、恐縮するくらい最初から最後まで「内田輝美」一色で、黒板にも、先生の手作り個人年表や写真などが貼られ、その時々の私の気持ちなどをみんなで考え発表してくれたり…。
そんな様子を、廊下の影からこっそり見守っていました。
(最初から私の顔が見えていたら、子どもたちの自由な発想や発言ができなくなるということで…)

 

で、授業の終盤、「内田さんから学んだこと」を生徒さんが一人一人書いてくれて、それが黒板に貼り出されました。

 

「思いやり」「あきらめないこと」「努力」「お金だけがすべてじゃない」「挑戦」「他人のため」などなど…。そんな言葉を、私から学びとってくれたようで、それは、私にとっても、胸がいっぱいになるくらいの嬉しい事でした。

 

そんな言葉が出そろったところで、先生が私を紹介して教室に招き入れてくれました。
どんな反応をしてくれるか、実は結構ビクビクしていたのですが、「おぉーーー、えぇっーーー」のどよめきとともに、笑顔で、本当に全員が満面の笑みで迎えてくれました。

 

教壇に立って、生徒さん達のまっすぐな曇りのない目と対面したとき、本当に素晴らしい時間を頂いたのだなぁーと感謝で胸がいっぱいになりました。
(みんなの笑顔が本当に素敵で、今思い出しても胸がいっぱいになります)

 

伝えたいことがたくさんあって、なんだかとりとめのない話になってしまったけど、最後の感想文の発表を聞かせてもらったら、今日出逢ったみんなの心を、ちょっとだけ柔らかくすることができたのかなぁー(*^_^*)と、思っています。

ひかり輝く未来を背負う子どもたちに、「思い」を伝える機会なんて、そうそうあるわけではありませんし、私のこれまでの生き方から、子どもたちが何かを感じ取ってくれたのであれば、それはこの上ない喜びです。

 

例によって、相変わらずのドジぶりで、デジカメを忘れていき、写真がありませんが、先生に頂くようにしていますので、後ほど写真もアップします。

 

最後になりましたが、今回、私を題材に選んでくださった、大牟田歩先生!
本当にありがとうございました!!
先生の果敢に挑戦されるそのバイタリティーに、私も多くのことを学ばせて頂きました。

 

子どもたちのまっすぐな瞳に見つめられて、「また、ここから」、と思っています。
 

「困ったことがあったら寄らんね、通学の行き帰りにのどが渇いたら、お茶を飲みに寄らんね」と伝えています。
弊社が、そんな地域の場所になれたら幸いです。

 

本当に素晴らしい1日でした。感謝!!!

明日、母校である中学校の教壇に立たせて頂きます。

 

3年生の道徳の授業で「内田輝美」を取り上げて頂けることになって…。授業の最後にちょっとだけ顔を出させて頂いて、子どもたちにメッセージをおくる予定です。

 

正直、こっぱずかしい…です…。

 

我が家の子どもたち、特に同年代の娘からは

「はぁ??????。お母さんのことを取り上げるなんて、意味わからん(@_@;)」

と、この世の終わりみたいに嘆かれ…。

 

いやぁー、そうでしょう、そうでしょう(^_^;)
ドジ母ぶりを、嫌というほど見せつけられている娘にとって、中学校の授業でわが母が題材に取り上げられるなんて、世も末の出来事だと思います。

 

でもねー、不思議な巡り合わせだと思っています。
私が父を亡くしたのが中学3年生のとき。大きく心が揺れた中学生最後の年でした。

 

ひょっとしたら、あの頃の私が、明日出逢うであろうみんなの中に見え隠れするのではないか…、そんなことも思っています。

 

経てきた時間も、経験してきた事も、きれいなことばかりではなく、時には泥臭い、人間くさい感情の中を泳いできたけれど、それでも、心の核となるものは、あの頃とちっとも変わっていないような気がしています。

 

何を伝えるべきか…、何を伝えられるのか…。
少し書き起こそうかとも思ったのだけど、やめにします。

明日、中学3年生の半分大人半分子どものみんなの顔を見て、言葉を、心を伝えようと思っています。

 

ワクワクドキドキ。
また、楽しい時間を過ごしてきます♪


 

 

 

寺田屋に東寺、二条城、夕暮れの雰囲気満点の嵯峨野を、京都出張の折のわずかな時間でしたが堪能してきました。
子育てタクシー事業を共に作り上げている同志でもある、都タクシーの筒井社長のご厚意で、贅沢なひと時を過ごさせて頂きました。

 

写真もたくさん撮ってきたのにーーーー。

 

どうしても見つからないんです。カメラとパソコンをつなぐ線。…ということで、写真がアップできません…。スミマセン…(T_T) (でも、必ずアップしますからーーーー)

 

いやーそれより、京都の都タクシーのドライバー・西山さんには本当にお世話になりました。
何だか、ドライバーと客というより、母のような感じで接して頂き、ほっこりした時間を過ごすことができました。
西山さんは子育てタクシードライバーなんですが、若かりし頃バスガイドの経験もあるということで、バスガイドさん時代を思い出し、達人的案内もして頂きました。

 

それに車中では、日々の子育てタクシー事業のお話も聞けたので、私としては非常に勉強になりました。
 

現場のドライバーさんの声を聞くこと。

 

もちろん、利用者目線で取り組むことが一番大切なんですが、現場のドライバーさんの声も大切な目線の1つになります。

 

でも、ホント、子育てドライバーさんの質、高いっす。
弊社もいいドライバーさんばかりですが、都タクシーさんのドライバーさんも質が高いです。

 

京都に行かれた折には、ぜひ都タクシーにご乗車を!子育てタクシードライバーを指名して頂ければ、なお嬉しい(*^_^*)

 

それにしても、京都はいいなぁー。人が歩んできた道に触れることができ、思いを馳せると、自分の歩んでいる道がまだまだちっぽけなものに思えてきます。(あたり前かぁー)

 

次回はゆっくりと、時の流れを堪能し、再び夜の街を楽しみたいです。(…って、今回も、夜の街はしっかり堪能しました(^_^;))

 

あっ、でも誤解しないで下さい。
ちゃんと任務も遂行してまいりました。都タクシーさん第2期生36名のドライバーさんが、またさらに多くの子育て家庭の笑顔を乗せて、京都を走ることになると思います。

 

そう、そんな意味では、私達も、今、歴史を刻み始めているのだと思います(*^_^*)

 

横浜に行ってきました。

 

神奈川ハイタク経営研究会のお招きを受けて、子育てタクシーのお話をしてまいりました。
神奈川は今、子育てタクシーがジワジワと広がりつつある地域です。地元の子育て支援事業者さんの地道な努力と、加盟をしてくれているタクシー事業者さんの熱い思いが、ジワーッと感染していってるって感じです。

 

今回の講演会も、子育てタクシーをやっているタクシー事業者の会員の皆さんが、力不足の会長(私のこと、ねー)を、きっちりサポートしてくれました。
みんなが、みんなで、子育てタクシー事業を作り上げようとしてくれているんだーってことを、改めて感じました。

 

子育てタクシー協会の理事になって頂いてる方々は、毎回、自費で、日当も出ない理事会に集まってくれます。各地の養成講座にも、ほとんどボランティア状態で、講師として赴いて頂いています。


そんな理事の皆さんをはじめ、会員の皆さんの熱意に、私は支えられているのだと思います。

 

子育てタクシー事業を、温め、育て、巣立たせようと、みんなが必死です。

 

そして今回、子育てタクシー事業に興味を持ってるけど迷ってる人、客観的な視点でこの事業を見守ってきた方などとも意見交換ができました。

 

ウンウン、わかるわかる…。

 

私もタクシー事業者だから、事業者目線での話はよーーーーくわかります。

 

あー、はだかの王様になっちゃダメだなぁー。そんなことを思いました。
外部の声にもきちんと耳を傾け、理想論だけを振りかざしちゃいけない。

 


言葉にすることは簡単だけど、それはとーーーーーっても難しい…。

 

でもね、やっぱりワクワクするんです。この仕事。

 

先日、お友達の美詠さんからのメールに、こんなことが書いてありました。

「成功するからワクワクするんじゃなくて、ワクワクするから成功するんです」

 

横浜スタジアムを目の前に、一人朝食をとりながら、この事業に思いを馳せ、バカみたいにワクワクドキドキを感じていました。

この気持ちを持ち続けること、それが大事なんです、きっと(^^♪

 

 

あぁーーー、京都でたくさん写真も撮ったし、素敵な出会いもあったし、何より、子育てドライバー養成講座の講師として赴いたものの、私の方がたくさん勉強させて頂き、本当に書きたいことは山ほどあるのに、

 

ゴメンナサイ…。ブログをゆっくり書く時間が…。

 

京都から帰ってきたら、娘もインフルエンザを発症したため、子どもたちの看病やその他の仕事に追われています。

 

ホント、今月はありとあらゆることが押し寄せてきて、すごいです…(@_@;)

 

明後日は、横浜出張です。大事な講演を控えているので、自分もインフルエンザに罹らないように必死です。
全国子育てタクシー協会の会長として、「子育てタクシー」の話をさせて頂く絶好の機会を頂いたので、インフルエンザに罹ってふいになんかしたくないです…。

 

会長としての私の役目は、協会のみんな(子育て支援のNPO、タクシードライバー、タクシー事業者、事務局)が、頑張って作り上げていることを多くの人に伝える事。

 

だって、本当に、本当にそれぞれの地域で、立場で、みんな頑張ってるんですよ。

 

今月は、忙しいけど、学びの多い月です。それに感謝の月でもあります。
忘れぬうちに、ちゃーーんとアップしますので、「また、今日も更新されてねぇーやー」と思わず、ちょこちょこ覗いてくださいね。

 

取り急ぎの、言いわけブログでしたm(__)m

 

息子のインフルエンザがうつることもなく、元気です。

とは言いつつ、とうとう、息子の学校は今週いっぱい学校閉鎖になってしまいました。たぶん、娘の中学校も、もう間もなくかなぁー…。

 

子どもたちの体を気遣うことが、何よりも一番だと、私も思っています。

 

でもねー、5日間の学校閉鎖。みんなの親が上手く仕事を休めるかな?って考えたら、ウーーーン、ですよね…。

 

例えば、先週の初めにインフルエンザにかかっていた子どもは、当然の事ながら学校をお休みしていたと思います。さーーーて、今週からようやく学校に行かせられる…と思っていたら、学校閉鎖。今週も自宅待機の状態!
妄想癖がある私は、そんな家庭があるんじゃないかと、そしてそんな家庭はどうしているんだろう?と考えてしまいます。

 

だからって、企業の経営者としてこうしたい!とか社会がこうあるべきだ!って事を、ここに書くつもりはありません。1つを引っ張り出すと、芋づるのように、すべての事柄を引っ張り出さなきゃいけなくなっちゃうので…。

 

子ども手当、つまり、子育てには「金」も必要。でも、やっぱりそれだけじゃない。

 

子育ての精神的負担や不安をどれだけ拭い去ってあげられるか…、そこが重要なんじゃないかなぁー。

 

一方、我が家の子育て事情…。


実は、明日から、京都出張なんです。
まだ完治していない子どもを置いていくのは、後ろ髪を引かれる思いで辛いのですが、そんな時も安心して行けるのは、何も言わず快く送り出してくれる夫がいてくれるからこそ。
夫には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

だから、秋の京都を満喫…ではなく、きっちりみっちり仕事をこなそうと、大変でも睡眠不足でも愚痴をこぼさず頑張ろうと思うのです。
やるからには、行くからにはポジティブシンキング。全力投球で頑張ります。そして、楽しんできます!!
(写真も撮ってくる予定なので、ブログにアップしますねー(*^^)v)


 

 

今日は、昨日に引き続き、結婚式およばれの日。(2日続けて結婚式におよばれすると、さすがにカロリー摂取量が気になります(^_^;))

今日の結婚式は、甥っ子の結婚式なので、家族で出席する…予定でした…。

 

、我が家にも、とうとうやってきました。

 

何がって?

 

新型インフルエンザ!!!

 

今朝起きてから咳をし始めた息子。
「夕べ冷えたからなぁー」なんてことを呑気に思い、かかりつけの先生から頂いていた漢方薬を飲ませ、夕方からの結婚式に備え準備しようかなーなんて思っていたら、

 

あれっ? なんか息子の顔が赤いぞ?

 

…ということで、熱を計ったら、ナント!38.4度!!!

 

まさか!? と思い、息子に「クラスのお友達でインフルでお休みしてる子いたっけ?」と聞くと
「○○ちゃんと、○○ちゃんと…」と、名前が上がってくる、上がってくる!

 

すぐさま、休日当番医へ直行しました。

 

諫早市内、新型インフルエンザが流行りだしたようで、当番医の周りには車の中で待機して検査を受ける親子連れであふれていました…。結局2時間以上待って、診察をして頂くことになりました。
(この状況も問題ですよねー。こんなにインフルエンザが流行りだしているのに、諫早市内の小児当番医が1軒ってことが…。グズる赤ちゃんを抱いたお母さんが車の外で長時間待ってる姿を見ると、もう1軒ぐらいなんとかならないのー?って言いたくなります…)

 

はぁー、連休明けからスケジュール目一杯なのに…。どうしよう…。

 

とにかく、家族に感染しないように、私も感染しないように…とマスクや消毒で万全の態勢を整えておりますが、昨日、息子とチューしちゃったんだよな、私…。

万が一のことを考え、段取りをしなくては…と思っていますが、気が重いです…(T_T)

 

ブログ更新がしばらくなされなかったら、ダウンしたと思ってくださいませ。
(あっ、息子の方は、かかりつけの先生にも連絡が取れ、いろんなフォローをしていただいてるので、快方に向かっています)

まぁ、でも、今日も娘と二人(結局夫に看病に回ってもらうことになり女二人で出かけました)、結婚式で栄養を摂りすぎるほど摂ったので、インフルエンザも寄りつかないと思いますが(^_^;)
 

皆さんも、どうぞ気をつけて下さいね。

台風の影響で東京出張大丈夫かなぁーと案じていたのが、もう、遠い昔のことのよう…。この2,3日の間、本当にめまぐるしく動いておりました…。

 

先週9日の東京日帰り出張(全国子育てタクシー協会の理事会のため!)は、台風の影響など全く受けず、無事に仕事だけ(T_T)の東京を満喫して帰ってきました。

 

その翌日の10日(あっ、まだ昨日のことだ…(^_^;))は、娘の保育園時代の担任の先生のお嬢さんの結婚式に母娘で出席してまいりました。

 

できの悪い母親の子育て支援を、本当にさりげなくずっと支えて下さった先生で、卒園後も娘のことを何かと気にかけて下さっています。先生のお嬢さんも、娘のことを自分の妹のようにかわいがってくれ、何度遊びに連れて行ってもらったことか!

 

だから、今回の結婚式の出席を娘もすごく楽しみにしていたので、目一杯お洒落をさせてあげました。
普段は全くスカートを履かない娘なのですが、この日のためにバーバリー・ブルーレーベルのブラックワンピースを新調してあげました。さらに、髪もふんわりまとめ、唇にはグロスを塗ってあげました。

 

すると…、「おー、我が家にも娘がいたのか!」って事に改めて気付くくらい、素敵な女の子に大変身!
夫も娘のそんな姿を見て「なんだか嫁に出す気分だ…」と涙ぐむ始末(^_^;)

 

でもねー、一番感動したのは、そんな娘の姿を見て、花嫁の母である先生が目に涙をいっぱいためて泣かれたこと。お客様をお出迎えする時、新郎新婦とともに並ばれていた先生が、娘を見た途端「わぁー、きれい!」ってその成長を、涙を流し喜んでくださったのです。

 

ジーーーンとしました。

 

生後2か月から子どもたちを保育園に預け、時に泣いてすがる子どもたちの声を振り切るようにして、車に飛び乗り、私自身も泣きながら会社に出勤した時もあります。でも、保育園の先生方のその後のフォローがあったからこそ、私も子どもたちも夫もくじけずに、今、こうして頑張れているのだと思います。

このようにわが子の成長に目を細め、涙を流して下さる親以外の方がいることは、親として本当に感謝すべきことだと思っています。

 

先生の涙を、娘は娘なりに感じたようで、帰ってきてから先生とお嬢さんに手紙を書いていました。
娘の感じたことを大切にしてあげたいので、「なんて書いたの?」なんて野暮なことは聞かずにおこうと思います。

だって、娘の心の中の思い出の、温かい1ページになったことは間違いないと思いますから…(*^_^*)


 

諫早は陽が射してきました。

まだ風は強く、空に雲は多いけど、それでも気持のいい陽ざしです。

 

今朝は、P4Uさんに送って頂いたRandy ColemanのCDを聴きながら車のハンドルを握り、車窓から見える稲穂に、心を奪われていました。陽があたった稲穂は、風に揺れて、なんだかとてもきれい。

でも、若い頃は、こんな風景が嫌で仕方ありませんでした。山に田んぼに川に…。どこから見ても「さえない田舎の風景だよー」って、思ってました。
特に大学生になって東京に住んでいた頃は、帰省するたびに、なんだか寂しくて仕方ありませんでした。

 

今は、逆かなー。東京に行き、あの幾何学的な風景の中に身を置いていると、時々息苦しくなってきます。
東京の街は「圧倒する力」は持っていても「人の心を癒す力」は持っていないんですよね。

 

それは、多分、そこに「美」がないから。
美しいものは人の心を癒す力を持っている、そう思っています。

絵や器、音楽や映画、ファッション、風景もその1つ。

人は生きる時間を重ねていくと、「美」に対する意識や価値観も変わっていくのだと思います。
いや、「美」だけではないかなー。「愛」に関しても…かな?(このテーマはまた別の機会に…)

 

明日は、幾何学的な風景の東京に日帰り出張です。
雨女が台風を引き連れてくるーって、みんなから迷惑がられてましたが、どうやら明日は大丈夫のようです。
1つ歳を重ねた分だけ、ひょっとしたら、東京のいい所を再発見できるかもしれません。

朝一便で飛んで最終便で帰ってくるハードスケジュールですが、楽しんできます(^_-)-☆

 

 

 

ブログに遊びに来てくれる友人たちの間で、「内田さん元気ないよ、何か大きな悩みを抱えてるのか?」ってご心配いただいているみたいですが、

 

元気っすよ!

 

もう、そりゃぁ、頭のイターイ問題も、心がチクチクする問題も抱えてはいますが、なんのなんの、そんな事でへこたれる内田輝美ではございません。

 

これまで重ねてきた苦労が、こんな所で生かされておりまして、ちょっとやそっとの事じゃへこたれません。

 

こんな事もあんな事も、ぜーんぶひっくるめて楽しんでいます。

 

子育てタクシー王子の1人から、「会長のブログ暗いよ」って酔っ払って言われたこともあるので、明るく元気なピチピチのブログ(…って、どんなブログだ?)目指すことにしましょう。

 

時々はじけすぎて、遠くへ飛んで行っちゃう事もあるかも…です。なので、皆さん、ちゃんと見ていてね。

 

 

 

 

 

ミポリンこと中山美穂に嫉妬していた時期があります。なぜって、初恋の人がミポリンに夢中になっていたから…。(笑)

中山美穂さんが久しぶりに映画で主演をやるとネットのニュースで読んだので、そんな30年も昔のことを、懐かしく思い出していました。

 

「サヨナライツカ」

 

夫の辻仁成さんが書いた作品の映画化が決まり、その主人公・沓子を演じるそうです。

 

『人はいつか死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す』

 

そんなフレーズが心に響き、原作を読みました。
ここでは内容には触れませんが、ご興味のある方は、ぜひ。
私は、泣いてしまいましたが…。

 

辻仁成さんが中山美穂さんと結婚されたころのコメントで印象に残っているのが、「ある空港で彼女を見かけたんです。その佇まいが凛としていて、そこだけ切り取られたようだった…」と。

 

そのコメントが、なぜか印象的で、そんな女性になりたいと思ったものです。

 

皆さんは、死ぬとき、愛されたことを思い出しますか?
それとも、愛したことを思い出しますか?

 

私は…、きっと、愛したことを思い出します。

 

そんなことを思った42歳のバースデーでした(*^_^*)
(皆さん、お祝いメッセージありがとう!!)

 

 

物事は期待するだけじゃ何も動かない。

もう、そろそろそんな事に気付いてもいいんじゃないかと思います。

 

何かを変えたかったら、自分も動かなきゃ。それは、多少痛みを負うかもしれないけど、「こうしたい、こうなりたい」って思いがあるなら、耐えられる痛みのはず。

 

我が身が可愛いのは、誰しも同じ。
でも、そこばかりを求めて突き進んできたから、この日本は、どこかおかしくなっちゃったんでしょ?

 

間もなく、難しい問題の台風の目に入ります。台風の目のごとく、中心部は一見静か…。でも、周りは暴風雨なんです。

 

理想論と鼻で笑われるかもしれないけど、軸がぶれると前に進めないんだよねぇー。だから、私も痛みを伴いながら動きます。どこまで、こんな思いが通じるかわかんないけど、諦めず進んでいく事としましょう(^^)v

 

 

 

大雨です。

 

今日は1日中降り続くみたいです。
雨女としては、運気が上がるのか?と思いたいところですが、やっぱり鬱陶しいお天気です。

 

時が経つのは早いなーと、そんな事を今日は朝から感じておりました。
1年なんてあっという間。
でも、いろんな事があったなーとも。

 

来年の秋は自分にとってどんな季節になっているのでしょうか…。

 

あー、イカン!

 

この大雨が、こんなセンチメンタルな気分にさせるんだわー。

 

仕事しよ、仕事…。(しょうもないつぶやきした…。スミマセン)

秋も深まる10月になりました。

 

今月はめっちゃ忙しい!!

 

結婚式への出席2回に、出張3回、諫早市と長崎県の委員会や懇話会出席、そして本日施行されるタクシーに関する特別措置法関係の協議会設立準備…。

講演会も引き受けてるし、視察にもいらっしゃる予定…、あっ、そうだ、息子の運動会もあったんだ!

多分、今私が引きうけてる役職や役割すべてに関する予定が、今月は入ってるような気がします…。

 

でも、「シンドイ…」とは、全然思わないんですよねー。

 

今、私は、本当にいい勉強をたくさんさせて頂いています。

多くの人と関わり合うことで、時には立場や意見の違いで思い悩み、辛い思いをする時もあります。
でもその分、確実に、そういったことが、自分の心の糧になっているのを感じています。

 

「忙しい!」って言葉だけで、日々を過ごすのでなく、それらの事が自分を成長させているんだ、と思って過ごしていけたらいいなぁーと思っています。

1つ年齢を重ねる月なので、体調管理をきちんとして、今月を楽しみたいと思います。(*^^)v

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ