エールを送る

私が社長に就任した20数年前は、20代の女性の社長なんて田舎では珍しかったので、実は嫌な思いもたくさんしました。

 

懇親会に出ると、「コンパニオン」の方と間違われたり、懇親会会場のお店の方だと思われたり。

 

そうそう、こんな方もいらっしゃいました。名刺交換の時「湯江タクシーの清水(旧姓)です」って言ってお渡しすると「ほぉー、珍しか名前のスナックのあるとねー」だって^^; 

「そんなスナックの店があるか!(-"-)」と心の中で叫びながらも笑みは絶やさないようにしておりましたが…(笑)


今なら「おー、飲みに来ていただけます?ビールくらい出しましょう!でも来るときは湯江タクシー使ってね」なんて、皮肉の1つや2つ言えるほど強かさも鍛えられました。
でも、今、こうして、ここで頑張ることができているのは、地元を始め様々な地域で出会ったいろんな業種の若手経営者の仲間のおかげだと思っています。

時に女として見るより同志としても見ているからこそ、タイの寺院での雑魚寝も有りで、でもさりげなくフォローしてくれたり、叱ってくれたり、本当に仲間として育てていただきました。

 

しかし、タクシー業界は、今も、どちらかと言えば男性社会です。ずいぶん女性経営者も増え、意見も通るようになりました。ですが、女性で、それも若くしてこの業界で社長業を務めていくのは、なかなか大変なことなんです。 

ツイッターを始めたことは先日のブログでお伝えしましたが、そのツイッターを通じて、私より若い、タクシー会社の女性社長と知り合うことができました。社長になって3年目だそうです。
彼女は私のこのブログを読んでくれているらしく、ツイッターを始めた私をすぐフォローしてくれました。

 

頑張ってほしいなぁーと心から思っています。
「挫けそうになることがたくさんあると思うけど、継続してくことが、必ず力になりますよ」なんてことを伝えていきながら、ともに走れることができれば…と思っています。
一人で走るより二人の方が、断然心強いですものねー。

 

彼女もまた、自社のHPでブログを始めています。女性らしい目線で、楽しい話題を提供しています。

 

何か悩みを抱えていても、遠く離れた彼女の背中を直接さすってあげることはできないけど、こうやってブログやツイッターやメールを通して、いつでも相談にのることはできると思っています。

 

私のやってることは、大したことではないんです。
でも、この後ろ姿を追っかけて来てくれる人がいるならば、少しでも上手にバトンが手渡せるようにしなきゃと思っています。

ちょっとだけ先行く先輩として、彼女に大きな声でエールを送る今日この頃です。
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エールを送る

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kosodate-taxi.jp/movabletype/mt-tb.cgi/1229

コメント(2)

バイカー修です。
タクシーママが女性で社長だってことは、16年前にいっしょにタイに行ったときに僕も驚きました。
あの頃のタクシーママはみんなから「ドラミちゃん」って言われてた頃だよなあ。
みんなのアイドルだったもんね。
ほんとに可愛い子だったなあ(過去形か?)
立派に成長し、今や「全国子育てタクシー協会会長」だ。
そして、立派にママして長崎でも有名人だ。
・・・ま、ほめ殺しはこれくらいにして、この前ツイッターで「桃ラーって何?!」とつぶやいたら、マイアさんはじめ盛り上がってさー。
マイアさん「桃ラー」を3個も「大人買い」したってさ。
ツイッターはビジネスにも使えると彼女は看破してる。

さっすがーマイアさん。
そのマイアさんとタクシーママは影でツイッターやり取りしてたでしょ?
僕もまぜてください。

バイカー修さん、こんばんは。
コメントのお返事遅くなりました。この2日間、横浜で缶詰状態で会議してました。もう、グッタリです。

16年前のあの仲間がいたから、今の私がいるといっても過言ではありません。妹分として、本当にみんなに可愛がって頂きましたし、教わることも多かったです。

…それにしても、ツイッターの桃ラーでは盛り上がりましたね。バイカー修さんも手に入れた?私はまだです…。食べてみたい!

コメントする

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このブログ記事について

このページは、うちだが2010年3月21日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性が働くということ。」です。

次のブログ記事は「選択肢が広がる事が、きっと大切。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ