2010年5月アーカイブ

諫早市内のあちらこちらに、幻想的な風景が出現中です。

 

暗い夜道、慣れない道を彷徨うより、タクシーに乗って、ホタルを見に行きませんか?

 

昨夜は、車椅子のお客様を、高来町のホタルの名所にご案内いたしました。
初めて見るホタルの乱舞に、感動されていたようです。

 

この季節だけしか観る事の出来ない幻想的なホタルの舞を、ぜひ体験して下さい!

 

詳細はこちらのページへ→ http://kosodate-taxi.jp/2008/05/post-21.html

 

先週末は京都出張でした。

全国子育てタクシー協会の事務局が香川から京都に移ったので、初めて京都で理事会を開催しました。

 

6月3日に、横浜で総会&記念フォーラムを控えている事もあって、5時間にも及ぶ会議を行ってきました。(…っていうか、いつもそんなもんじゃすまないくらいの集中審議してます((+_+)))

 

 …で、そのご褒美に、と、よく日曜日は京都観光してきましたー!

 

子育てタクシー協会の会員でもある都タクシーさんの豪華10人乗りジャンボタクシーを貸し切って、英語と中国語が堪能な松村ドライバーさんの案内で、楽しんで参りました。

 

いつも写真を撮り忘れ、文字だけの出張記も、今回はちゃーーんとデジカメにおさめてきたので、画像と共にご報告!うふふ。

 

京都 002.jpg

まず行ったのは、京都市西京区にある松尾大社
(左の写真)

酒造の神としても信仰されています。

亀の井と名付けれた霊泉があるのですが、そこのお水は必ず酒造時に入れられるそうで、各酒造会社の方がそのお水を汲みに来られるそうです。また、それは、不老長寿と美肌効果もあるということで、私も、しっかり飲んで参りました。

おかげ様で、ちょっとつるつるピカピカお肌になっているような気がします…。(気が、ね。)

 

京都 001.jpg

お酒の神様ってことで、酒樽が奉納されておりました。

 

酒飲みの性分なのねー。こういうのを見ると、写真を撮らずにはいられない(*^。^*)

 

松尾大社の後は、鈴虫寺に願かけに行ってきました。


1つだけのお願い事。

私の願い事は…。

ここで言うわけにはいきません。(^_-)-☆
(願かけに夢中で、写真撮ってません。ここが私らしいところ…^^;)

 京都 004.jpg

 …で、次に向かったのは、ご存知、渡月橋。
(左の写真)
私は、初めて行ったのですが、素晴らしかったー。

お天気が良かったので、橋を渡る時にも心地よい風が吹き、美しい景色を堪能してきました。

 この後、お昼は、嵐山で湯豆腐を頂きました。
お庭を眺めつつ、ビールなど…。
(前夜は、はもしゃぶ!おいしかったー!!)
共に写真がないのは、飲んでたから…。
ゴメンナサイm(__)m

 

京都 005.jpg

 右の写真は、嵐山の小道を入っていくと現れる竹林。

ツイッターでも、写真を投稿してみたのだけど、見事に真横になって、首かしげて見てねー状態でしたので、こちらで改めて…。

パワースポット的なところでしたよ。この季節、特に竹が伸びゆくエネルギーが満ちている、そんな感じ。

 雨女の私としては何度も言うけど、お天気が良かった!ので、竹林の間から洩れる光が、きれいで、ホント気持ち良かった。

途中、自転車のかごに乗った4歳くらいの子どもとすれ違ったのだけど、その子が、上を見上げて気持ちよさそうに笑っていた表情がすごく可愛くて、とても心に刻み込まれた1シーンになりました。
子どもの感性ってやっぱりスゴイわー。

このあと、他のみんなは金閣寺に行ってさらなる感動を味わったらしいのだけど、私は飛行機の時間があったので、ここまでの観光となりました。

 

良かったです、京都。ホントに良かった。
ちょっとヨワヨワしていた私の心に響くものがたくさんありました。

人が生きてきた息吹を感じる建物、景色が織りなす造形美は、今この現代を生きていく私に、たくさんのエネルギーをくれたような気がします。
 

時間を作って、また、京都に行こう。と、思っています。

 

ねぇ、ねぇ、お母さん聞いて!…と、先を歩く私の洋服を引っ張ってきたので、振り向くと、キラキラした笑顔がそこにありました。

 

さては、なんか、いい事があった報告だなぁーと思って、なぁに?と聞くと、

 

ズボンのポケットから、大事そうに、小さな石を取り出し、掌を広げて見せてくれました。

 

少し赤みがかった、つるんとしたキレイな石。

 

朝、学校に着くちょっと前に見つけたとさねー。きれいかやろう?何かピカピカしとったけん、ポケットに入れて持って帰ってきたとよー。

 

…だって。

 

うん。かわいいー。子どものそういう感性って、透きとおってて、ピカピカしてて大好き。

 


大人と呼ばれる私たちは、いつ頃からこんなピカピカした光を失っちゃうんでしょうねー。

雪景色.jpg

下手な私の写真でお伝えできるかどうか…。

 

後部座席の上部に、大きなアシストグリップを取り付けてみました。

 

弊社は、ご高齢のお客様も多いので、乗降時、つかめる所があった方がいいのではないかと思いまして…。

 

 

先日、お客様の乗り降りをお手伝いできるようにと、乗務員さんの乗降介助の研修を行いました。
車いすの開閉の仕方から、押し方、移動のさせ方など、ワークショップ形式で、各自が乗ってみるっていう体験もしました。

 

車いすを押したことはあるけど、乗ったことがない乗務員さんが多く、「自分が乗ってみて、初めて怖さや不自由さがわかったー」との感想が多く聞かれました。

 

そうそう、そこが大切なんだよね。
お客様目線に立つって事は、そこなんだよね。

 

いくら講師の人が「ああした方がいいよ、こうした方がいいよ」って言っても、自分で実感できないと、現場では言葉が出てこないんです。
自分で体験すると、どこに注意して、どこで声掛けすれば良いかわかるようになるのです。

 

 

写真のアシストグリップは、同業者でツイッター仲間の合同タクシー酒井専務から情報を頂き、また取り付けも手配して頂くなど、本当にお世話になりました!

 

アシストグリップ付けるよーって、乗務員さんに話したら、すごく好評でした。
「おばあちゃんたちは、降りるとき、シートを掴みよるけど、力の入らんもんねー」
「ここを握ってもらったら、乗降介助もしやすくなるもんねー」
など、自分達の仕事にどう活かしていくか…などを、スーッとイメージしてくれて、私も嬉しかったです。

 

お客様から反応があると、なお嬉しいなぁー。

 

なーんか、地味だけど、この地域のタクシー会社だからできること。1歩ずつ。

 

 

理念を持ってやっていることだけど、自己満足で終わっていないだろうか?

 

そんな事を、今、考えています。

 

理念がぶれたわけでも、思いがなくなったわけでもなく、理念があるから、思いがあるから「継続」させなければならないと思っています。

 

頭でっかちになっていないだろうか。自己満足で終わっていないだろうか。

 

「何を売りたいのかではなく、顧客は何を買いたいか」のドラッカーの言葉のように、顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足を提供しなければならないのだと思う。

 

顧客は誰?

 

市場を調査?…いや、違うなぁー。

 

「マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである」(これもドラッカーの言葉)

 

うん、ストンと落ちた。

 

このところ、思考を深くスパイラルしていく毎日でした。ちょっと自分を拷問する感じ。
今日、先輩と話をして、ちょっと出口が見えた感じ。

 

足早に過ぎていく日常の時間の中で、こんな時間を作るのも、時には必要。私には必要。

 

楽ではないけど、「理念」を持ってるから、大丈夫。頑張れる。

「諫早をもっと元気にしたいねぇー」

「もっといろんな人と知り合いたいねー」

「自分も元気になりたいし、自分が元気なときはその元気を分けてあげたいねー」

 

そんな思いから、女性同士、いろんな人とつながれる、語れる会を開催することにしました。
働いている女性、子育て中の女性、いさはやのまちの事を考えてる女性、元気が出ないわーって女性、元気があり余ってる女性、どんな方でも参加OKです。

 

平成22年5月23日(日)18時より開催します。(参加締め切りは5月12日頃と思っていますが…)

 

飲んで食べて語ろうよ。
…そんなシンプルな会です。

 

一人じゃ恥ずかしくって、なんだか勇気がいるわーって方も、この内田がお伴しますので、気軽に参加してみませんか?

 

詳細が知りたい方は、このブログのコメント欄に書き込みして下さい。
コメントは自動的にアップされないので、良かったら連絡先なども記入して下さると助かります。

 

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ