2011年2月アーカイブ

今夜は無線配車の夜勤をしています。
いろんなデスクワークこなしながら、ツイッター眺めながら…。

 

ふと目が止まったツイッターの流れの中のつぶやき。

「この親の子供が気の毒」
「なんかすっごい腹が立ってきた!」

ツイートともに、貼りつけてあったURL。

 

何気なく、のぞいてみました…。

 

そこには、中学生のブログ。
タイトルは「腐った大人」

 

まぁ、読んでみて下さい。

 

切なく、居た堪れなくなりました。
プロフィールを見ると、書いた子はうちの娘と同じぐらいの年代です。

 

政治がどうの、教育がどうのと講釈をたれる前に、大人たちよ、人として大事なこと忘れてませんか?

 

久しぶりに、鋭いナイフのような感性に触れ、ちょっと今も心臓の鼓動が速くなっている私です。
 

みなさま、お久しぶりでございますm(__)m

 

2週間近くも更新作業をさぼっていたので、ひょっとして、心配して下さってる方もいらっしゃる?

 

この寒さの中、毎日元気に駆け回っていますよー。風邪も引かず、食欲も元気も晩酌する元気も失わず、ホント元気に頑張っています。

 

実は、今月23日に諫早で開催する「子育てタクシードライバー養成講座」に向けての準備と、県内のネットワーク作りに奔走しておりました。
長崎県、新たに佐世保市、大村市に於いて、子育てタクシーの運行が決まり、23日は3市(佐世保・大村・諫早)の合同養成講座を開催することが決まりました!

 

平成18年に長崎県は諫早市から始まった子育てタクシー。
5年の歳月を経て、ようやく県内4市(長崎市、佐世保市、大村市、諫早市)に拡がってくれました。

 

大好きなミスチルの新しいアルバムの中に「Prelude」という曲があります。その中にこんなフレーズがあります。

『信じていれば夢は叶うだなんて口が裂けても言えない 
だけど信じていなければ成し得ないことが
きっと何処かで僕らの訪れを待っている』

 

子育てタクシー事業を、これまで根気強く推し進めてこれたのは、まさにこんな思いなんです。

 

子育てタクシー事業が、「事業」として一人歩きを始めるには時間がかかるけれど、必ず「事業」として社会に受け入れられると信じています。
 

 

長崎で5年目を迎えるこの事業。
今回は、本当に多くの方々の理解と協力を得て、養成講座を開催することができそうです。

 

各地域のネットワークも新たに構築できそうです。
バカみたいに、ホント、バカみたいだけど、この事業に対しての誇りを胸に、昨日も今日も明日も走っている私です。

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ