2011年8月アーカイブ

夏休みもいよいよ最終日。

 

一昨日の晩の事、息子の宿題をチェックしようと思い「夏休みのプリント集持っておいでー」と声をかけると、「エッ?お母さんに渡したよー」という息子。
あれ?そうだったっけ?と思い、探すけど、ない、ない、ない…。

 

夫も「ついこの前、おまえが座るところにあったけどなぁー」と、リビングの私の定位置付近の書類を指さす…。

 

ま、まさか、この前整理した時に、間違って捨てちゃった!?

 

思いつく所を探すけど、家族総出で探すけど、ない、ない、ない…。

 

ドジで間抜けな母さんだから、きっとこの前、ゴミとして捨てた可能性が高い!となり、ゴミ箱まであさる事に…。

 

でも、ない、ない、ない…。

 

ん?ひょっとして、こっそり上手に手を抜く我が息子。宿題が嫌で、またまた机の奥底に忍ばせてるのか?と思い、机の引き出しを奥底まで探すけど、ない、ない、ない…。

 

結局、2時間近く探し回っても見つからないので、家族(私以外)の結論としては、ドジで間抜けな母さんが、先週のごみ捨ての時に捨てちゃった…という事に(>_<)

 

いくらドジで間抜けでも、息子の夏休みの宿題を捨てるはずはない!と思いつつも、可能性としては否定できないので、お詫びの言葉を連絡帳に書くことにするよ…ということで、2時間の捜査が終わりました。

 

それでも、なんかモヤモヤするので、中二の娘にぼやこうと部屋に行き、娘の机の脇に立った瞬間、山積みの問題集の上にポンと置いてある、見たようなプリントの束。
「そうそう、こんなプリントの束だったのよー」と手に取り広げてみると「夏休みのしゅくだい」の文字とかわいいイラスト。

娘も「え?」と言ったまま固まり、私も目がテン。

娘の表情がおかしくて、その後大爆笑になりましたが、事の顛末は、娘が夜中、リビングで勉強していた時に、どうやらまぎれ込んだらしい…という、単純なものでした。

 

犯人に仕立てあげられたドジで間抜けな母さんはホント可哀そう…(と、誰も言ってくれないので自分で言ってみる…)

 

おかげ様で、このプリントも仕上げることができ、残すは習字だけ…となりました。
ハイ、まだ、しっかり残っております。なのに、息子からは能天気な声で「お母さん、遊びに行っていい?」と電話がかかり、私の怒号が会社中に響き渡ったのは言うまでもありません…。

 

日曜日、月曜日と大分県のくじゅうに行ってきました。

ここ最近の我が家の定番となっているスタイルは「レゾネイトクラブくじゅう」にお泊まりして、近くの牧場で乗馬を楽しむというスタイル。
長崎では見ることができない自然と風と太陽(今回は雨が多かったですが…)を感じることができるので、心がほぐれ、本当にリフレッシュできます。

 

今回は、本当に心がほぐれるような時間を過ごしました。

お天気もさほど良くなく、明るい「くじゅう」を満喫できたわけではなかったのですが、パソコンを1度も開かず、携帯でツイートもせず、ただただ、家族との時間をゆっくりまったり過ごしました。

 

今朝、出社して、休み明けの慌ただしい時間を過ごし、ちょっと一息ついたところで、お気に入りのブログの1つ、杉山さんの昨日の記事を目にしました。

 

あーーーーー、わかるーーーーー。

 

そんな気分でした。

 

「身の丈のあっていない情報伝達網」に振り回されている自分に気付かない振りをしていたけど、くじゅうで過ごした時間は、とても自然体だったような気がします。

 

ツイッターもフェイスブックも否定しているわけではないんだけど、もちろん仕事をする上では「必要かなぁー」なんて思っているけど(その程度だけど…)、やっぱり、どこか、「人」としての感性を奪われているような気がしてならないのは、私だけかなぁー。

 

杉山さんと同じく、「ここ」ではなく「そと」と繋がらない時間を持てたことで、「そうそう、無理にアウトプットなんてする必要ないんだよー」って心地良さを感じたのでした。

 

(社)全国子育てタクシー協会の会員事業者数が120社を超えました!

登録ドライバー数も1000人を超え、全国各地で子どもたちの笑顔を乗せながら頑張ってくれています。

 

今月は岐阜県多治見市、秋田県各地で養成講座が開催されます。

 

タクシー事業者に「子育てタクシー」を運行させるきっかけ作りとなっている行政からの補助も、山形県を皮切りに、岐阜県、秋田県と続いています。
協会としては嬉しい悲鳴をあげるとともに、その責任もまた十分に背負っていかなくてはならないので、気持ちを引き締めて取り組んでいるところです。

 

先週も理事会を開催し、「子育てタクシー保険」や養成講座の内容について検討し、議論をしてまいりました。

協会が立ちあがって6年目。組織としても基盤が出来上がり、次のステップへそろそろ進む頃だと思っています。
協会も企業と同じ。
成長しながら永続することが大切だと思っています。

次の方へバトンをきれいに手渡せるように、残りの任期に全力を注いでいきたいと思っています。

 

月が変われば初めての秋田訪問。
異動だけで半日かかるけど(いやー、やっぱ長崎からだとめっちゃ遠い!!)、日本酒のおいしい所でもあるので、多くの方との出逢いと日本酒を楽しみにお仕事してこようと思っています。

 

私の仕事は「思いを伝えること」。
頑張ってきます(*^^)v

今年の夏は、この暑さと格闘するように、頭も体もフル回転。

 

後々振り返って、いつが我が社の分岐点だった?と聞かれたら、間違いなく今年の夏だろうと思えるようなそんな季節にしたいと思っています。

 

小さな会社だからできること。

田舎のタクシーだからできること。

私だからできること。

 

少しずつだけど、しっかりとした手ごたえも感じています。

 

うちの社員さん、頑張ってるよ。ホント、よくついてきてくれていると思います。

 

みんなの、心の中の声やちょっとした努力が、ビンビン伝わってきて、私の背中を押しています。

 

苦手だって事で終わらせないで、やってみようって気になってくれているみんなに、本当に感謝しています。

 

ありがとう。

 

社長を24年もやってますが、今年の夏は、初心にというか、真っ白い気持になって、また自分色を探しています。

 

 

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ