2011年11月アーカイブ

今日の諫早の気温22℃!

 

暖かさを通り越して、暑い!って感じです。

 

今日は朝から凹むことのオンパレード。目に入るもの、耳に入るもの、凹む凹む凹む…。
目を瞑ってエイッて素通りすることもできるんだけど、ちゃんと自分で受け止めました。

 

社長だって人間だもの。辛いのよ、孤独なのよ、大変なのよー。

 

でも対処した、乗り越えた、気持ち切り替えたーーーーー!!

 

こういう時こそ、前に進めるチャンス、自分も成長できると考えて、ポジティブシンキング。

 

今日が寒い日でなくて良かったよ。心まで震えてしまうところでした((+_+))

 

    岐阜出発式タクシー並び.jpg

10月17日、岐阜県庁で子育てタクシー出発式が開催されました!

1か月遅れの報告です。すみませーんm(__)m

副知事ご出席のもと、地元の保育園児さん達にもご参加いただき、ほのぼのとしたいい出発式でした。

タクシードライバーさんを代表して決意表明があったのですが、緊張しているのがこちらにも伝わってきて、思わず「頑張って!」っと声に出して応援。
その言葉にニッコリ笑ってくれ、緊張も少しほぐれたのか、最後は堂々としたものでした。


子育てタクシー事業の主役は、事業者ではなく、ドライバーさん達。
この事業が成功するかどうかのカギを握っているのもドライバーさん達です。

決意表明してくれたドライバーさんの、あの笑顔が続くようにサポートしていくのが子育てタクシー協会の役目ですね。

岐阜出発式子どもたち.jpg

 

出発式に参加してくれた地元の保育園児さん達とそのお母さん。

当日は新聞やテレビのマスコミもたくさん来ていて、インタビューなども受けて頂きました。

子どもたちが笑顔でタクシーに乗り込み、楽しそうに手をふってくれた姿が印象的でした!

 

 

 

 

 

 岐阜カフェ.jpg

出発式が終わった後、川原町界隈と名付けられた鵜飼い観覧船乗り場から続くレトロな街並みを散策。

 

高山や白川郷など、岐阜県は昔からあるものを活かした「景観」で観光を進めるのが上手いな、と感じました。

 

この川原町界隈も、普通の民家が並ぶ中に、カフェや伝統工芸の水うちわなどの工房があるだけなのですが、夕暮れ時になると、それぞれの軒先に吊り下げられたちょうちんに灯りがともるそうで、何ともいい雰囲気。

 写真はカフェです。
ガラガラっと格子戸を開けると、奥に向かって長い通路。和雑貨が並べられている場所を通りぬけていくと、蔵があってそこがカフェになっていました。

 

岐阜城.jpgのサムネール画像

 

 

 

カフェをさらに進むとテラスがありました。

そこから見えた岐阜城!
見えますかぁー?
山の上のお城。

夕暮れとともに岐阜城もライトアップされ、きれいでした!

 

 

 

 

岐阜高山.jpg

 翌日は、高山まで足を延ばしました。
「高山に行ってみたい」と呟いたら、子育てタクシー協会の事務局長である京都・都タクシーの筒井社長が車で来てくれて、念願の高山を訪れることができました!
(いや、もちろん出発式がメインのお仕事なんですよ、私も事務局長も(^^ゞ)

 高山特有の景観を楽しみ、日本酒も買うことができました!
紅葉も始まっており、深まっていく秋を堪能した1日でした。

何より、雨が1滴も降らなかったってことが、私にとっては奇跡のようでした(^_^;)

 

 

 

 秋田なまはげ.jpg

9月、10月と秋田県に行った時に撮った写真をいろいろ。

写真は撮るのも撮られるのも苦手…(^_^;)

なので、下手っぴぃですが、スマホに変えてから、ちょっとこまめに記録を残すようにしています。

 

これは秋田空港にドーンとあった、なまはげ。

迫力満点!

逆光で、さらに迫力満点!(撮り方が下手なだけですが…^^;)

 

 

 

秋田きりたんぽラーメン.jpg
比内地鶏入りきりたんぽラーメン!

秋田空港で食べました。…一人で…。

そんなにお腹すいてなかったんですが、せっかく秋田まで来たんだしーと思って、日本酒を買い込んだ後、空港レストランで食べました。

めっちゃ大きいどんぶりできたので、店員さんに「お、大きいですね(^_^;)」と呟くも、ニッコリ笑顔を返されただけでした。

ハイ!人目を気にすることなくすすってまいりました。

お値段1350円!
地鶏の出汁がきいたスープと麺。
とってもおいしかったです!!

 

 

 

秋田横手焼そば.jpg
B級グルメのチャンピョンに輝いた『横手焼そば』

 

10月の出発式に出席した際、横手市までご案内頂き、チャンピョンになった「出端屋」さんっていうお店で食べてきました!
 

 

絶品!!!

 

甘めのソースとたまごのからみ具合が絶妙。
もうこれでビールが飲めたら言うことなし!だったのですが、そこはグッとガマン。

自宅で作れるお土産も購入。
料理下手な私でも、お店の味が再現できました。


秋田養成講座.jpgのサムネール画像


さて、最後の写真は、本業である子育てタクシー養成講座の一コマ。

ドライバーさんが、おっぱいと臨月のお腹(おもり)がついている妊婦ジャケットを着用してタクシーに乗り降りする講習の模様。
 

「教える」ことよりも「気づいてもらう」ことを大事にしている講座です。
妊婦さんの大変さを実感すると、どこで気遣いどんなふうに声掛けしたらいいか、ドライバーさん自ら気づくのです。

 

この講座、とっても盛り上がります。
ドライバー役、妊婦役、幼児役の3人一組になって、ロールプレイします。

皆さん上手ですよー。

 

…で、講座を終えたドライバーさんが宣言してくれた決意の言葉!

「子育てタクシーは思いやりタクシーです!」

どうです?すごいでしょう?エヘヘ(^^♪
 

 

P1030433.jpg 

1ヶ月遅れの報告です。
10月1日、秋田県庁において、子育てタクシー出発式がとりおこなわれ、出席して参りました。

 

巨大アーチに、赤いじゅうたん、ドライバーさんや地元の保育園の子どもたちも参加してくれて、とても華やかな賑やかな出発式となりました。

 

 

 P1030437.jpg

秋田県の佐竹知事も、土曜日だというのに自らご出席頂き、子育てタクシーが秋田県の子育て家庭の一助となるようにと、期待を込めてのご挨拶。

 (佐竹知事は佐竹北家の21代当主でもあるそうで、気品漂うお殿様の雰囲気。でも、料理が好きで家では腕を振るうことも多々あるそうで、とても気さくにお話しして頂けました)

 

 

 

P1030448.jpg

 みんなでテープカット!
風が強く寒い日でしたが、私の挨拶の時以外は雨は降りませんでした!
(…って、そうなんです。私が挨拶始めたら、ポツリ、ポツリ…(>_<))

 

 

 

 

P1030458.jpg

子育てタクシーのステッカーを貼ったタクシーが、子どもたちを乗せて出発していきます!
子どもたちも大喜び!

 

秋田県の子育てタクシードライバー養成講座の最後、ドライバーさんが宣言した「子育てタクシーは思いやりタクシー」の気持ちが、ジワジワと広がって、秋田県の子育て支援の一助になれればいいなぁーと思っています。

ガンバレ!秋田県のドライバーさん達。
誇りを胸に、笑顔でね(^_-)-☆

 

 

 

 

 

何気なく書店で手に取った、伊集院静さんのエッセイ本「大人の流儀」(講談社刊)

 

伊集院静さんの小説は、2、3作品しか読んだことがないけど、その本の佇まいに魅かれて購入し、一気に読んでしましました。

 

小説家特有の価値観や生活感を醸し出している部分もありますが、ちょっと毒舌のエッセイは、人としての在り様をズバッと書いていて、読み手の私は爽快感も味わえました。

 

でも、心に強く残ったのは、前妻の夏目雅子さんとの事を綴った「妻と死別した日のこと」の章に書かれていた「人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている」の一節。

これから読もうと思っている方もいらっしゃるだろうから、あまり詳しくは書きませんが、この章は強く強く心に訴えかけてきました。

そう。
人って、誰もがそれぞれ事情をかかえて生きているのだと思います。
他人には言えぬ、話せぬ事情をかかえ、その事情は本人以外には到底想像つかない苦しみだったり悩みだったりするのです。

 

いつも笑っているあの人も、道ですれ違ったこの人も、穏やかに見える人たちも、その時々の悩みや苦しみを心の中にグッと押し込み、平然と生きているのだと思います。
私も、その一人…かな…。いや、このブログを読んでいる、あなたもその一人…ですね。

 

そんな事情をかかえた人間たちが交錯するこの世のなか。そう思ったら、今までよりも、ちょっと優しい気持ちになれる感じがしませんか?

 

この本の最後は、「愛する人との別れ 妻・夏目雅子と暮らした日々』の章でしめられています。
出逢いから発病、看病、別れ、その後の日々、すべてが赤裸々に綴られていて胸がしめつけられるようです。

 

そして最後の最後は、数年前に観たという映画の中の、こんな老婆の言葉でしめくくれらています。

 

『あなたはまだ若いから知らないでしょうが、哀しみにも終わりがあるのよ』

 

読み終え、本を閉じた時には、胸がいっぱいになりました。
今まで、何となく心で感じてきた感覚を、言葉で表現された、そんな感じ。
深くて、哀しみを帯びていて、それでも明日への希望がある言葉。

感じ方は人それぞれだと思いますが、私の心にはしみいった言葉でした。

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ