2012年6月アーカイブ

昨夜、配車当番をしていた時のお客様との会話。

 

「こんにちは♪ 湯江タクシーです」

「あらー、まだ『こんにちは』ねー。もう外は暗かよー(笑)」

「すみません!「こんばんは」でしたね。もう昼も夜もわからんごとなってしもうとっとですよ(^_^;)」

「社長やろう?まだまだボケるには早かよー。タクシーお願いね」

「ハイ。かしこまりました。すぐ参ります!」

 

20時過ぎにお電話頂いたお客様に「こんにちは」とご挨拶したことから始まった会話。
お客さまも名乗ることもなく、私もお名前をお尋ねすることなく、電話を切り、配車完了致しました。
あっ、弊社は先進的な配車設備(自動配車システムなどなど…)は一切ありません^^;
強いて言えば、お得意様の声を識別する、スーパースペシャルな耳を、配車係が持ってます(*^^)v

 

弊社は小さな小さなタクシー会社ですが、こんなふうに地域に密着した形で営業をさせて頂いております。

時には、木曜日の午後にお電話頂いたご高齢のお客様に、「あら、今日は木曜日ですから病院は休みですよー」と言う時もあります。
どのお客様が、どの病院に行かれるか、つまりお得意様がタクシーをどんな用途でご利用されるか、大体の事を把握しているので、こんな事が言えるのです。
 

以前、利用者の方にアンケートをした際、「私は湯江タクシーがないと生きていけません」とのコメントを頂きました。
この言葉を、私はとても厳粛な気持ちで受け止めています。
先進的な設備整備はできないけれど、心は、いつもお客様に寄り添う形でサービスを提供していかなかくては…と思っています。

時代に取り残された、古くさいやり方かもしれません。
ですが、地域に根差す会社は、お客様、地域の方に愛されてこそ…ですね。

感謝の気持ちで、今日も元気に、そして安全に運行致しております(^^♪

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ