2013年7月アーカイブ

冷蔵庫を開けると8本のラムネの瓶がきれいに並んでいます。

 

昨日、学校から息を切らしながら帰ってきた息子が、友達が遊びに来るからみんなでラムネを飲みたいと夫にせがみ、お盆用に買い置きしていた物を大急ぎで冷やしたそうですが、今もラムネの瓶は冷蔵庫にきれいに並んでいます。

剣道の稽古が週に5日あるので、平日心置きなく遊べるのは週1日。
昨日がその日だったこともあって、息子はいろんなお友達と約束をしてきたのでしょう。

ところが、しばらく経っても友達は誰も来ず…。
しびれを切らした息子は、いつもの遊び場へ様子を見に行きました。

 

そこでどんな会話がなされどんな流れでそんな言葉がお友達の口から出てきたのかわかりませんが、
「はげし、死ね」と言われ、息子は号泣して帰ってきました。
息子は坊主頭。名前と坊主をかけて「はげし」と言われたようですが、「死ね」の言葉は、やはり心に刺さったようです。

 

子どもは時に残酷。
いつもは仲良く遊んでいる友達なので、これを「いじめ」とは思っていません。
 

ただ、母としては、息子が楽しみにしていたワクワクの気持ちを考えると、朝、洗濯物を干しているときなんぞにちょっと思い出してはウルウルしたりなんかして…。
低学年の時に、玄関を出ては帰ってきていた時期があったので、ひょっとすると昨日のことが原因で学校に行きたくない!なんて言いだすのではないかと、ちょっとヒヤヒヤもしていました。
 

息子はとても傷ついたと思います。
まぁ、でも、こんな気持ちの経験も、時には必要ですよね。
お友達の言葉が暴走しないように、親が見守る必要はあるけど、あまりガードしすぎるのも良くないって思ってます。
悔しさや悲しさを経験して傷ついて、優しさや強さを得てほしいなぁー。

幸い、昨日は夫が早く帰宅してたので、そこは男同士。いろいろ話をしていたようです。
包み込んだり突き放したり、父と息子の関係は、母から見るとちょっと羨ましかったり。

 

息子は、今日もまた汗びっしょりの埃まみれで帰ってくることでしょう。

 

子育てって、やっぱり楽しい。
日々いろんなことがあるけど、子どもとともに親も成長させてもらってます(*^_^*)

 

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ