自覚症状からガン宣告まで。

平成27年9月2日。
内診を終えた私を目の前に、T先生はこう口火を切りました。
「あなたの立場や活躍を知っているからこそ、はっきり言いますね。ガンです。それも初期ではありません。闘病期間が長くなると思うので、今のうちに仕事のことなど整理をつけてください」

いつの頃からだろう? 不正出血が始まったのは。
3年前にも不正出血があり、受診。その時にもガンの検査をしたのですが、その時はガンは見つからず、ホルモンが乱れているということでお薬を頂いて帰りました。

40代の後半に入ると閉経の文字も頭をよぎり、閉経前は生理の周期が乱れたり、出血の量も多かったり少なかったりするよ...なんてことを多くの先輩たちから聞いていたので、ガンでなければ閉経に近づいてるサインなんだろうと勝手に思い込み、3年間という期間を放置していた私です。

27年の夏、スーツのパンツが出血で汚れるほどの大量出血を数回繰り返していました。
それを見ていた大学生の娘が、病院に行ってほしいと懇願しなかったら、私は未だにガンを放置していたかもしれません。

まぁ、なんとなく違和感は感じていました。
ですが、元々ある子宮筋腫が大きくなって悪さをしているかな?ぐらいの認識で病院に行ったので、「ガンであること。それも初期ではないこと」を宣告された時には、さすがに涙が頬を伝いました。

ガンの宣告を受けたとき、ぼーっとなってよく憶えていない...と言われる方が多いのですが、私はその逆で、その日の事はよく憶えています。
先生から「大丈夫?」と言われた時も「大丈夫です。自分の責任ですから」と言いつつ、これから先の事を考え始めていました。

後日、T先生から聞いたのですが、その日の私の子宮内部は、患部の組織を取って検査に出さなくても、内診で見ただけでガンと診断できるほど、大変なことになっていたそうです。
確かに、内診を終えた後は、今までに経験したことのないほどの大量出血に見舞われ、子宮内部にカーゼを4枚も詰め込んで止血しないといけない程でした。
その日は造血剤を注射してもらい、長崎大学病院への紹介状を手に帰宅しました。

子宮がん(のちに子宮体ガンと判明)と宣告されて、振り返った時、思い当たる自覚症状を列記しておきますね。
皆さんが同じ症状ではないでしょうが、参考になれば...と思います。

不正出血
最初の頃は生理が終わってもだらだら続く感じでしたが、病院を受診するころには大量出血が、また?と思うくらいの間隔でありました。大量出血とは、夜用のナプキンでも漏れてしまうくらいの量です。夜よりも昼間、前兆なしで起こるので怖かったです。

水っぽいおりもの
尿かと思うくらいのスーッとしたおりものがありました。色も青っぽい変な感じのものでした。
後から調べたら、これも子宮体ガンの症状みたいです。

おなかがポッコリーナ
下腹がポッコリ出てきました。体重が増えたこともあって、太っただけだろうと思っていたのですが、今考えると、あの下っ腹の出方はやはり変な感じでしたね。

痛み
痛みはほとんどなかったです。
最後の方の大量出血時に、生理痛のような痛みはありましたが、その程度。鎮痛剤を飲んでケロッと治りましたので、その程度の痛みです。

その他
今、思えば...ですが、疲れやすくなっていましたね。夕食後、よくうたた寝してました。私も年を取ったもんだ...ぐらいにしか思ってませんでしたけど。

※この段階では「初期ではない」という宣告を受けましたが、のちの病理検査で?b期という初期の診断を受けました。
5年生存率90%と言われているし、本人も生きていく気満々なので、この闘病ブログを書く気になりました。
安心してください。「死」に向かうブログではなく「生きるための希望のブログ」です。
闘病中、クスッと笑える出来事も満載ですので、そんなことも披露していきたいと思っています。乞うご期待

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自覚症状からガン宣告まで。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kosodate-taxi.jp/movabletype/mt-tb.cgi/1396

コメント(4)

輝美さん、読むのがつらい文章でしたので書くのはそれ以上につらかったろうと思います。
多くを語ると軽くなりそうなので多くは語りません。
十分以上にがんばられているから、これ以上がんばれとも言えません。
自然体で時とともに過ごしてください。この文章を自分に置き換えてまた読んでみます。

修さん、コメントありがとうございます!
久しぶりにブログ再開しましたよ。
つらい気持ちを抱えて、このブログを再開したわけではないので大丈夫です。闘病中、大笑いするような楽しい出来事も満載なので、そんなことも伝えていけたらと思っています。
心配させといて心配しないでーって言ったら変ですが、私は元気です!大丈夫ですよ!

三年間お休みしてた検診を貴女のがん公表と共に、受診しました。
ありがとうございます。

私の母は、50歳の時に「子宮がん」手術。そして88歳まで人生を送りました。

ブログ再開喜んでいます^^


主婦Aさん、コメントありがとうございます!
私のこれまでの経過をお伝えすることで、1人でも多くの女性が検診を受けて頂けたらと思ってのブログ再開でしたので、とても嬉しいです!
はい!私も80歳までは生きる気満々なので、このブログもゆるゆると、闘病含めいろんな事をお伝えしていこうと思っています。
また良かったらコメントお寄せくださいね!

コメントする

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
  • 観光と子育てタクシーを推進する長崎・諫早市の湯江タクシー
  • 観光タクシーで諫早の魅力を再発見!観光タクシーコース
  • 全国子育てタクシー協会

このブログ記事について

このページは、うちだが2016年1月27日 16:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガンになってガーン。 」です。

次のブログ記事は「家族へのガン告知」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ